東京
03-6675-3623
大阪
06-6376-5222
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085

経費の申請・管理上、旅費交通費に該当するものは?

2016/6/13

会社の勘定科目に旅費交通費という項目があります。業務上、この項目に該当すると思われる経費がたくさん発生するのですが、本当に正しく仕訳ができているか自信がありません。

そこで、経費管理上、旅費交通費に該当する経費を具体的に教えてもらえませんでしょうか?

そもそも旅費交通費とはどんな科目ですか?

旅費交通費とは、社員が業務の遂行のための移動手段として、電車、タクシー、バス、飛行機、車などを使った場合や、出張先で宿泊した際の費用などを経費精算する際の勘定科目です。

具体的には以下のようなものが、経費管理上、旅費交通費に該当します。

・新幹線代
・航空券
・タクシー代
・バス代
・ガソリン代
・高速道路代

また、海外出張のために取得したパスポートの交付手数料やビザ取得費用、さらには出張先の現地滞在費用なども旅費交通費に該当します。

社内規定に日当に関する規定がある場合について

旅費交通費の精算は、原則として社内規定である出張旅費規程に則り精算することとなります。
会社によっては、出張に対して日当や出張手当を支給する規定を設けている場合がありますが、これについても旅費交通費に仕訳をして問題ありません。

まとめ

旅費交通費については、社内規定に則って経費管理することが大切です。もしも出張旅費規程などがない場合は、必ず規定しておくことをおすすめします。

また、これら経費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

 国内で最も選ばれている経費精算システム

「楽楽精算」

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス36,600社 レンタルサーバーサービス22,826社、のべ59,426社のご契約を頂いております。(2019年3月末現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)