東京
03-6675-3811
大阪
06-7660-1231
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085

小口現金管理&手入力作業を削減!

クレジットカード、
プリペイドカード連携機能

のご紹介
  • 利用明細が「楽楽精算」に自動で取り込まれる!
  • 金額などの修正は不可。入力ミス・不正を防止!

クレジットカード・プリペイドカード連携機能

法人向けクレジットカード・プリペイドカードの利用明細を自動で「楽楽精算」へ取り込めます。
取り込まれたデータを用いてそのまま経費精算ができるため、入力時間の削減や、申請漏れの防止を実現します。
クレジットカード プリペイドカード連携のイメージアイコン クレジットカード
プリペイドカード連携
ここがメリット
カード利用明細の取り込みで手入力削減!
「楽楽精算」に各種カードの利用明細が自動で取り込まれます!利用履歴を選択すると、そのまま申請画面に反映されるので、手入力の手間とミスを削減できます。
また、取り込んだ明細は手入力による修正ができない仕様のため、不正防止にもつながります。
クレジットカードコントロールのイメージアイコン クレジットカード
コントロール
ここがメリット
使い過ぎや私的利用のリスクを低減!
クレジットカードの上限利用額・利用制限の設定が可能!
1回あたりや1日あたりの上限利用額をリアルタイムで制限できる上に、上限利用額を超えた際には従業員やその上司・管理者へアラートメールを自動送信する設定もできます。

対応可能なクレジットカード


    マスターカード 三井住友ビジネスコントロール
    コーポレートカード
  • ※ご利用には三井住友コーポレートカードのカードコントロール専用カードの導入、 およびクレジットカード連携オプションへのお申込みが必須です。
  • ※カードコントロール専用カードと「楽楽精算」を連携する際、従業員IDには英数字のみがご利用になれます。 記号が入っていると、明細データの連携ができませんのでご注意ください。

連携しているカードのご紹介

「楽楽精算」と連携しているクレジットカード・プリペイドカードをご紹介します。

連携可能なクレジットカード
(法人カード・コーポレートカード)

連携可能なプリペイドカード

Bizプリカ™(ビズプリカ)
Bizプリカ™(ビズプリカ) マスターカード

プリペイドカードとは?

プリペイドカードとは、事前チャージ式のキャッシュレス決済カードです。
与信審査が不要なので導入しやすく、事前チャージ式のため予算超過のリスクもございません。 万が一紛失した際は管理画面から利用停止ができ、悪用リスクも低減できます。 これら運用リスクの低さから、導入する企業が増えています。

メリットのご紹介

クレジットカード・プリペイドカードを導入し、「楽楽精算」と連携するメリットを2つご紹介します。
Merit 01

小口現金を廃止できる

クレジットカードやプリペイドカードを導入することで、小口現金の廃止が可能になります! 現金の受け渡しや、日々の残高確認、帳簿への記入業務など、負担のかかる小口現金管理から解放されます。
電卓で計算している人のイメージ
Merit 02

手入力の削減&不正を完全防止

各種カードの利用明細が自動で取り込まれ、申請画面に反映されるので、手入力の手間とミスが削減されます。 また、取り込んだ明細は手入力での修正がNG!不正防止にもつながります。
オフィスでパソコン作業をしている女性のイメージ

導入事例のご紹介

クレジットカード・プリペイドカード連携により業務効率が改善されたお客様の声を、一部ご紹介します。

クレジットカード・プリペイドカード連携機能について
よくあるご質問

  • こちらをご参照ください。
    ただし、カード発行会社によって連携できない可能性がございます。詳細はカード会社にお問い合わせください。 
  • もちろん可能です。
    営業だけ、管理職だけといったように、クレジットカード・プリペイドカードを利用している社員にのみ連携メニューを表示させることができます。
  • 恐れ入りますが、法人契約のクレジットカードのみ連携できます。
    法人契約のクレジットカードであれば会社決済型なのか個人決済型なのかは問いません。

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス52,089社、レンタルサーバーサービス22,826社、合計74,915社(2021年3月末現在)のご契約を頂いております。「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本ウェブサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWebブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

プライバシーマーク
ISMS認証マーク