よりよく、寄り添う 経費精算クラウド
メールで資料を受け取る 料金シミュレーション

営業などで車を使用している場合、どんな費用まで経費精算ができるのでしょうか?

更新日:2022/1/20
  • 仕訳業務・勘定科目

社用車を会社で保有している場合、具体的にどんな費用がかかるのでしょうか。また、それを経費精算する際には何費として仕訳をすればいいのでしょうか。

社用車にかかる主な費用について

会社で社用車を保有している場合、具体的に次のような維持費がかかります。

1:車検費用
2:ガソリン代
3:自動車保険
4:自動車税
5:車の修理費用

これらの費用に関しては、車両費、車両関係費、車両関連費、車両管理費などの勘定科目を設定して仕訳をすると、車両に関していくらの支出があるのかが明確になります。

社用車の利用が少ない場合は別の仕訳方法もある

保有している車両が1台のみで、維持費にかかる金額も少額であれば車両のみの独立した勘定科目を作らなくても仕訳が可能です。

例えば、ガソリン代については消耗品、自動車保険は保険料、自動車税は公租公課といった感じで仕訳をしても問題ありません。ただ、社用車の維持にいくらかかっているのかについては不明確となりますので注意しましょう。

まとめ

社用車については、保有台数が多くなってくるとその額も高額になるため、経理担当としては適切にチェック、管理する必要があります。

また、このような社用車に関する経費処理についても、経費精算システムを導入するとより業務がスムーズになります。
是非検討してみましょう。

オススメの人気記事

記事執筆者紹介

「楽楽精算」コラム編集部です。経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

「楽楽精算」コラム編集部です。
経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報
「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

	資料を受け取る

関連サービスのご紹介

「楽楽精算」の姉妹製品・関連サービスのご紹介です。
バックオフィス業務のあらゆるお悩みを解決できるシステム・サービスをご用意しています。

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ67,000社以上のご契約をいただいています(※2023年3月末時点)。
「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本WEBサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWEBブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

「楽楽精算 クラウドサービス」は「IT導入補助金2023」の対象ツール(デジタル枠および通常枠)です。
補助金を受けるためには、導入契約を締結する前にIT導入補助金事務局(事務局URL:https://it-shien.smrj.go.jp/)に対して交付申請を行う必要がありますので、その点に留意してください。なお、補助金の交付を受けるには所定の要件を満たす必要があります。
※現在は申請期間外となります。