東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

新卒内定者に交通費を支給した場合、交通費精算ソフト上では「旅費交通費」で処理して良いのでしょうか?

2017/2/16

社員が業務として電車やバスなどの交通機関、またはタクシーなどを利用した場合は交通費として処理をします。新卒内定者の場合は、社内と同じ扱いで旅費交通費として処理してもいいのでしょうか?

支払先で経費を仕訳すると採用教育費

会社では、新卒内定者を含め採用面接などの採用のための費用がある程度かかることもあります。交通費とはいえ、新卒内定者の採用費用という観点からだと、採用教育費として計上することも間違いではありません。

利用意図で経費を仕訳すると旅費交通費

一方で、新卒内定者に社員と同じように旅費交通費として精算しても問題ありません。社員であれば、交通費として支出した経費は旅費交通費になりますので、新卒内定者とはいえ、交通費として支払っているため同じ観点から旅費交通費となります。
このように経費の利用意図で勘定科目を仕訳すると、新卒内定者に支払う交通費は、旅費交通費となります。この場合、まだ社員ではないので領収書などの書面に署名捺印をもらうようにしておいた方がいいでしょう。

まとめ

新卒内定者への交通費の支払いは、交通費精算ソフト上は「採用教育費」や「旅費交通費」で処理する場合が多いようです。「旅費交通費」で処理をする場合には、交通費を渡した本人から領収書などに署名捺印をもらっておくようにしましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)