東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

接待旅行の際に支出した費用はどこまで旅費精算できるのでしょうか?

2016/7/5

社員が取引先を接待する目的で旅行に行った場合、現地で支出した費用については、どこまで旅費精算できるのでしょうか?
また、旅費交通費として精算できないものもあるのでしょうか?

接待旅行での出費は、原則「接待交際費」となる

接待目的で旅行に行っている場合、現地で支出した費用については原則として接待のための費用となるため「接待交際費」として仕訳することになります。

例えば、ゴルフのプレー代やホテルの宿泊費用、食事代、座談会費用、謝礼金、お土産代、これらはすべて接待交際費として計上する必要があります。接待旅行は、旅行が丸ごと接待というような認識になるからです。

接待旅行と日当について

接待旅行はすすんで行きたいものではないため、社内規定で日当を支給することも可能です。また、接待旅行は休日に開催されるケースも多いため、日当ではなく振替休日などを定めるような規定を設定するのも良いでしょう。

なお、出張旅費規程に日当の定めをしておけば、所得税の課税対象から外れるでしょう。

まとめ

通常、社員の旅費については旅費交通費で旅費精算すると思いますが、接待旅行の場合はその扱いがまるで変わってきます。また、接待旅行に日当を支給する場合については、必ず出張旅費規程にその旨定めておくようにしましょう。

また、これらの旅費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)