東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

車通勤の場合、交通費精算はどうやってすれば良いのでしょうか?

2016/5/26

都内の企業であれば電車やバスなどの公共交通機関で通勤するのが当たり前ですが、地方の場合は一転して車通勤が主流になります。
では、車通勤の際の交通費精算はどのように行なうのでしょうか。

車通勤の交通費精算は、会社の内規による

車通勤者に対する交通費精算の方法は、会社の就業規則や社内規定などによって変わってきます。通勤距離に応じて一定額を支給する場合もあれば、一律にいくらと決めてしまうことも可能です。

なお、ガソリン代については、自宅から会社までの距離に応じてガソリン代を支給する規定がある場合については支給できますが、一般的にはそれらも踏まえて予め金額を規定しているケースが多いようです。

車通勤は「非課税限度額」に注意

車通勤における交通費精算のポイントは、その「非課税限度額」です。車通勤者に対して支給する通勤手当については、「片道の通勤距離」に応じて以下のような非課税限度額が規定されています。

【1ヶ月当たりの非課税限度額について】

2キロメートル未満…全額課税
2キロメートル以上10キロメートル未満…4,200円
10キロメートル以上15キロメートル未満…7,100円
15キロメートル以上25キロメートル未満…12,900円
25キロメートル以上35キロメートル未満…18,700円
35キロメートル以上45キロメートル未満…24,400円
45キロメートル以上55キロメートル未満…28,000円
55キロメートル以上…31,600円

まとめ

もしも非課税限度額を超える通勤手当を車通勤者に支給する場合は、その超える部分の金額について「給与」として課税されることとなります。
会社によっては、この非課税限度額が考慮されていない交通費規定を設けているケースもありますので、この点については十分注意しましょう。
また、これら交通費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)