東京
03-6675-3623
大阪
06-6376-5222
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085
社員の資格取得にかかる費用を経費精算することはできるのでしょうか?

社員の資格取得にかかる費用を経費精算することはできるのでしょうか?

経費精算

2016/6/21

社員が業務上必要となる資格を取得する際にかかる費用については、経費精算して問題ないのでしょうか。また、問題ないとしてどこまでの費用が対象となるのでしょうか。

ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2020」
SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング
(初期出荷から2019年12月末までの累計導入社数)

資格取得にかかる費用とは

資格取得にかかる費用としては、資格取得のための研修費用や講習費用、受験料、資格登録料などがあります。業務のために資格取得が必要であれば、その費用を会社側で負担するとする社内規程を規定すれば、会社が負担することも可能です。

ただ、会社が負担するとしても、経費として認められるものと、社員の給与扱いとなってしまうものがあるため注意が必要です。

経費となる場合とならない場合

資格取得費用と一言で言っても、仕事に必ず必要なものと、そうでないものがあります。

例えば保険代理店の場合は、保険募集人資格は直接必要な資格となります。このような資格の取得費用については、経費精算によって処理をしても良いでしょう。

けれども、あったほうがよい程度の資格や研修、講習などであれば、原則は社員の給与扱いとなります。つまり、源泉徴収の対象となるのです。

また、資格取得に対する補助手当などを一律に支給するような社内規程を規定した場合についても、給与として処理をする必要があります。

まとめ

資格取得にかかる費用を会社が負担する旨の規定を設けることで、社員のスキルアップを促進することができます。
ただ、経費精算上は、その資格がどのような性質のものかによって、処理の仕方が異なりますので十分注意しましょう。

また、このような資格取得に関する経費精算についても、クラウドの経費精算システムを導入するとより業務がスムーズになります。
是非検討してみましょう。

導入企業No.1の「楽楽精算」が
経費精算の悩みを
すべて解決します!

3分でわかる
詳しい資料をプレゼント

活用例や詳細資料をお送りします!

実際の画面で
お試しいただける

便利な機能を体感!

(※)ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2020」
SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング
(初期出荷から2019年12月末までの累計導入社数)

オススメの人気記事

記事執筆者紹介

楽楽精算コラム編集部です。
経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

カテゴリ一覧

3分でわかる 楽楽精算 資料プレゼント 3分でわかる 楽楽精算 資料プレゼント
累計導入社数No.1
「楽楽精算」が
経費精算の悩みを
すべて解決します!
新型コロナウイルス対策の一環として、
WEB上でのご案内を強化中!
気軽にオンラインデモをご覧いただくことも可能です。

※ ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2020」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2019年12月末までの累計導入社数)

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス43,483社、レンタルサーバーサービス22,826社、合計66,309社のご契約を頂いております。(2020年3月末現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)