よりよく、寄り添う 経費精算クラウド
メールで資料を受け取る 料金表をもらう

経費精算は年度を跨いでも問題ありませんか?

更新日:2022/1/20
  • 経費精算

日々忙しく仕事をしていると、なかなか経費精算の伝票を記載する時間が確保できないため、精算できていない領収書が溜まってしまう傾向にあります。
このような領収書は年度を跨いでも問題なく精算できるのでしょうか。会社で郵便用の切手を購入しました。頻繁に使うことが多いため、一度にまとめ買いをしているのですが、この場合経費精算はどのように行なえばいいのでしょうか?

年度を跨いだら経費精算ができない!

万が一溜まっている領収書の日付が今現在の年度よりも前の年度の日付の場合は、領収書が年度を跨いでしまっているため、経費精算はできなくなります。

会計処理は年度ごとに行なっているため、前年度の日付の領収書は前年度の経費として本来ならば計上しなければならないものです。領収書の日付が前年度になってしまったら、経費精算は諦めることになると考えましょう。

また、決算日から法人の確定申告書の提出までは2ヵ月の期間があります。会社の管理上、決算日から法人の確定申告書の提出までの間に見つかった領収書を、前年度分として受け付けるのであれば、その分については、後で領収書が見つかったとしても、前年度の経費にすることはできます。

どうしても前年度の領収書を経費精算したい場合

法人の確定申告書の提出日以降に多額の領収書が見つかり、どうしても経費精算したい場合は、既に税務署に提出している申告書を訂正する必要性が出てくるため、更正の請求を行ないます。

前年度の経費が増えれば、その分税金が減りますが、更正の請求手続きを税理士へ依頼すれば、追加のコストが掛かってしまいます。
そんな余分なコストを掛けてまで経費精算するケースはまずないと思いますが、どうしてもやりたい場合はこのようなやり方となります。

まとめ

領収書の日付は年度を跨いでしまうと、原則経費精算はできないと考えましょう。そのため、年度の終わりが近づいてきたら切った領収書はその都度すぐに精算するよう心がけましょう。

また、これら経費精算をスムーズに行うためには、経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

オススメの人気記事

記事執筆者紹介

「楽楽精算」コラム編集部です。経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

「楽楽精算」コラム編集部です。
経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報
「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

	資料を受け取る

関連サービスのご紹介

「楽楽精算」の姉妹製品・関連サービスのご紹介です。
バックオフィス業務のあらゆるお悩みを解決できるシステム・サービスをご用意しています。

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ83,000社以上のご契約をいただいています(※2024年3月末現在)。
「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本WEBサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWEBブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

「楽楽精算 クラウドサービス」は「IT導入補助金2024」の対象ツール(インボイス枠(インボイス対応類型)および通常枠)です。
補助金を受けるためには、導入契約を締結する前にIT導入補助金事務局(事務局URL:https://it-shien.smrj.go.jp/)に対して交付申請を行う必要がありますので、その点に留意してください。
なお、補助金の交付を受けるには所定の要件を満たす必要があります。