東京
03-6675-3623
大阪
06-6376-5222
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085

書籍を購入した社員からレシートだけを渡されました 領収書がなくても経費精算して良いのでしょうか?

経費精算

2017/1/26

社員が書店で書籍を購入してきましたが、渡されたのはレシートでした。通常は領収書で経費精算をしていますが、レシートで精算しても良いのでしょうか?

レシートで経費精算するのは普通です

レシートで経費精算しても良いのか、ということですが備品購入などの小さな金額であれば領収書よりもレシートで経費精算することの方が多いはずです。
コンビニなど店舗で買い物をすると、日付や店舗名、品物、金額が記載されています。店舗のレジで必要な記載があるレシートの方が品物の細かい明細があって税務上信頼ができるほどです。
領収書では細かい明細がないものがほとんどですが、5万円を超えるようであれば、収入印紙が押印されることで領収書の信ぴょう性が増します。

領収書は大きな金額の取引ほど使われます

レシートと領収書の違いは明確にはありません。一般的にはレシートはレジで普通に出してもらっているもので、領収書には宛名があり手書きであるものと考えられます。領収書に押印があることで信ぴょう性が高くはなりますが、金額が少額であればレシートで経費精算することが多いでしょう。領収書は一定金額以上で、通常取引ではない取引で使われることが多く、不動産の売買契約などは領収書が使われます。つまり金額が高額になるほど領収書が使われることが多いのです。

まとめ

書籍を購入したレシートで経費精算しても税務上は全く問題ありません。むしろ少額の経費精算であればレシートで経費精算することが多くなるはずです。経費精算をする上で必ずしも領収書は必要ないということを覚えておきましょう。

導入企業No.1の「楽楽精算」が
経費精算の悩みを
すべて解決します!

3分でわかる
詳しい資料をプレゼント

活用例や詳細資料をお送りします!

実際の画面で
お試しいただける

便利な機能を体感!

オススメの人気記事

記事執筆者紹介

楽楽精算コラム編集部です。
経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

カテゴリ一覧

3分でわかる 楽楽精算 資料プレゼント 3分でわかる 楽楽精算 資料プレゼント
導入企業No.1の「楽楽精算」が
経費精算の悩みをすべて解決します!
※新型コロナウイルス対策の一環として、WEB上でのご案内を強化中!
気軽にオンラインデモをご覧いただくことも可能です。

3分でわかる
詳しい資料をプレゼント

活用例や詳細資料をお送りします!

実際の画面で
お試しいただける

便利な機能を体感!

導入企業No.1の「楽楽精算」が
経費精算の悩みをすべて解決します!
※新型コロナウイルス対策の一環として、WEB上でのご案内を強化中!
気軽にオンラインデモをご覧いただくことも可能です。

3分でわかる活用例や
詳細資料をプレゼント!

実際の画面で
便利な機能を体感!

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス43,483社、レンタルサーバーサービス22,826社、合計66,309社のご契約を頂いております。(2020年3月末現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)