交通費精算書をExcelで作成することはできますか?

交通費精算書をExcelで作成することはできますか?

交通費精算

2022/1/7

私の会社では、交通費精算を専用の用紙に記入してもらって精算処理をしているのですが、その都度電卓で確認をするのがとても大変です。例えばExcelで交通費精算書を作成しても問題ないのでしょうか。

※デロイト トーマツ ミック経済研究所「クラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2022年9月号:https://mic-r.co.jp/micit/)より

Excelなどの表計算ソフトで交通費精算書を作成しても問題ない

社員数の少ない会社では、交通費精算を専用の用紙に記入したり、場合によっては出金伝票でその都度処理をしているようなケースもあるようです。用紙に手書きする形ではなくExcelなどで精算書のフォーマットを作り、パソコン上で必要項目入力してもらう企業も多いです。経理処理としてもExcelで作成した交通費精算書で処理を行っても問題ありません。ただ、件数が少ないうちはいいのですが、事業が拡大して件数が増えてきた場合は、Excelでも数式が正しいかなどのチェックを行うことになるため、経理の手間は解消されないことが考えられます。

クラウド型交通費精算システムを使えばさらに簡単に処理できる

Excelを使用すれば、手書きよりも交通費精算がはかどりますが、Excelを利用してその会社専用の交通費精算書を作成すること自体に多少の手間がかかります。
それであれば、クラウド型の経費精算システムを導入することをおすすめします。クラウド型の経費精算システム「楽楽精算」では、交通系ICカードの履歴を専用のカードリーダーに取込み使用履歴を使用して簡単に交通費精算をすることができます。正しい金額で交通費精算がされるため、金額の検算は不要になります。

まとめ

交通費精算は、たとえ件数が少なかったとしても、データで管理した方が大幅に経理の手間を削減することができます。

経費精算システムでは、申請内容のチェックを簡単にする機能や、会計ソフトへのデータ連携など、経理担当者の負担を軽減する機能が豊富にそろえられています。交通費精算業務の効率化の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

累計導入企業数No.1の「楽楽精算」が
経費精算の悩みを
すべて解決します!

3分でわかる
詳しい資料をプレゼント

活用例や詳細資料をお送りします!

実際の画面で
お試しいただける

便利な機能を体感!

※デロイト トーマツ ミック経済研究所「クラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2022年9月号:https://mic-r.co.jp/micit/)より

オススメの人気記事

記事執筆者紹介

「楽楽精算」コラム編集部です。
経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

カテゴリ一覧

3分でわかる 楽楽精算 資料プレゼント 3分でわかる 楽楽精算 資料プレゼント
累計導入社数No.1
「楽楽精算」が
経費精算の悩みを
すべて解決します!
新型コロナウイルス対策の一環として、
WEB上でのご案内を強化中!
気軽にオンラインデモをご覧いただくことも可能です。

※ デロイト トーマツ ミック経済研究所「クラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2022年9月号:https://mic-r.co.jp/micit/)より

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ84,145社のご契約をいただいています(クラウドサービス61,319社、レンタルサーバーサービス22,826社。2022年3月末現在)。「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本ウェブサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWebブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

プライバシーマーク
ISMS認証マーク