東京
03-6675-3623
大阪
06-6376-5222
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085

交通費精算はどのくらいのサイクルで精算するのが理想なのでしょうか?

2017/1/16

交通費の精算に多くの時間がかかっています。毎日交通費精算書を出してくる社員もいれば、何ヶ月も溜め込む社員もいます。理想的なサイクルに統一したいのですが、具体的にどれくらいの期間で精算するのが適切なのでしょうか。

一般的には月ごとの精算が理想です

滅多に交通費が発生しない事業の場合は、交通費が発生した都度、出金伝票で精算しても問題ないでしょう。これに対し、外回り営業などで頻繁に交通費が発生する業態の場合は、毎日交通費精算をしているととても面倒です。また、各社員がバラバラに精算書を持ってくると、経理担当者がとても大変です。そのため、交通費精算については、どこに、何をしに行ったのか、明確に覚えていると思われる毎月月末で締めてまとめて精算することをおすすめします。

「楽楽精算」を導入すると、さらに経理負担が軽くなります

このように、毎月月末締めで精算をすれば、業務効率のアップにつながりますが、その反面、毎月月末、月初に経理担当に過度な負担がかかり、残業が増えてしまう可能性もあります。そんな時は経費精算を楽にしてくれるクラウド型の交通費精算システム「楽楽精算」を活用するとより効率的に交通費精算を処理することができます。

まとめ

交通費精算システム「楽楽精算」では、交通費精算の申請から精算までをクラウドによって処理することができるため、とてもおすすめです。また、交通系のICカードをリーダーで読み取ることで、履歴が自動表示されるため、いちいち精算書に記載したり入力する手間も省けます。自動仕訳や会計ソフト連携機能も搭載されているので、経理担当者の負担も少なくなります。

3分でわかる「経費精算システム」無料プレゼント

3分でわかる「経費精算システム」無料プレゼント

導入企業No.1の「楽楽精算」が
経費精算の悩みをすべて解決します!
※新型コロナウイルス対策の一環として、WEB上でのご案内を強化中!
気軽にオンラインデモをご覧いただくことも可能です。

3分でわかる
詳しい資料をプレゼント

活用例や詳細資料をお送りします!

実際の画面で
お試しいただける

便利な機能を体感!

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス36,600社 レンタルサーバーサービス22,826社、のべ59,426社のご契約を頂いております。(2019年3月末現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)