よりよく、寄り添う 経費精算クラウド
メールで資料を受け取る 料金表をもらう

週に何度も同じ区間の交通費精算をしてくる社員がいる場合、社内でどのように対処したらいいのでしょうか?

更新日:2022/2/3
  • 交通費精算

当社では、交通費を社員が支払ったその都度、交通費精算の手続きをするようにしています。そんな中、週に何回も同じ区間の交通費を精算してくる社員がいるのですがどのように対処すべきでしょうか。

訪問先と目的を必ず確認しましょう

週に何度も同じ区間の交通費精算をするということは、何らか継続的な業務が発生している可能性が考えられます。そのため、まずはそのような交通費精算書を提出してくる社員の日報を確認しましょう。場合によっては、交通費を水増し請求している可能性もあるかもしれませんので、どのような理由で週に何度も同じ区間を利用しているのかをよく確認し、必要があれば社員の上長へ報告し対処してもらいましょう。

継続的な業務が発生している場合は、定期券や回数券も検討しましょう

もしも特定の場所において継続的に業務が発生しているような場合は、社員の上長とも相談し、定期券や回数券を購入することも検討しましょう。なお、この際、現場直行であるような場合については、経費として交通費精算をするのではなく、直行現場を就業先とみなして通勤交通費として精算する必要が出てくる可能性があります。
そのため、直行の交通費精算が多い場合は、今後の業務の継続性も踏まえて通勤交通費にすべきか検討しましょう。

まとめ

業務上、同じ区間をコンスタントに利用するケースが生じる場合は、今後の見通しを踏まえた上で、最も効率的な精算方法を選択することが大切です。

また、これら交通費精算をスムーズに行うためには、クラウド型の経費精算システムを導入するとより効率的です。
「楽楽精算」を導入すれば、すべての経費精算をクラウドで一元管理することが可能です。是非検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの人気記事

記事執筆者紹介

「楽楽精算」コラム編集部です。経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

「楽楽精算」コラム編集部です。
経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報
「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

	資料を受け取る

関連サービスのご紹介

「楽楽精算」の姉妹製品・関連サービスのご紹介です。
バックオフィス業務のあらゆるお悩みを解決できるシステム・サービスをご用意しています。

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ83,000社以上のご契約をいただいています(※2024年3月末現在)。
「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本WEBサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWEBブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

「楽楽精算 クラウドサービス」は「IT導入補助金2024」の対象ツール(インボイス枠(インボイス対応類型)および通常枠)です。
補助金を受けるためには、導入契約を締結する前にIT導入補助金事務局(事務局URL:https://it-shien.smrj.go.jp/)に対して交付申請を行う必要がありますので、その点に留意してください。
なお、補助金の交付を受けるには所定の要件を満たす必要があります。