よりよく、寄り添う 経費精算クラウド
メールで資料を受け取る 料金シミュレーション

社員の交通費申請がICカードと切符で2通りあります。交通費申請のルールはどうすべきでしょうか?

更新日:2022/1/7
  • 交通費精算

消費税が増税されると、それに伴い鉄道料金も金額が変動します。券売機では10円単位での支払いとなり交通系ICカードでは1円単位の支払いになります。交通費申請の際にこの金額の違いはどうしたらいいのでしょうか?

社内規定を確認してルールを統一していきましょう

消費税が増税された場合、JRや私鉄などの鉄道会社での料金が改定され、鉄道料金が変動します。券売機で切符を購入する際は、機械が1円単位に対応していないため金額が10円単位になっています。一方、交通系ICカードでは1円単位になっています。
券売機での切符を購入した場合と、交通系ICカードを利用した場合では交通費での実費が変わってきます。経理処理の煩雑さを減らすためには社内で交通費申請の統一ルールを決めていくようにしましょう。

自社に合った方法で交通費申請ルールの規定を

券売機または交通系ICカードのどちらかに統一した交通費申請の方法をとるのか、または実費での経費精算にするのかは、会社によって判断が異なるでしょう。営業活動に交通系ICカードを利用している会社ならば交通系ICカードに統一すると負担が少ないはずです。自社に合った方法を選択するのがいいでしょう。

まとめ

交通費の経費精算はICカードと切符の2通りありますが、交通費申請のルールを会社で統一するようにすれば経理担当の業務は楽になります。自社に合った方法を選択し、申請者、承認者、経理担当者、それぞれに負担が少ない体制を整えられるのがいいでしょう。

この記事を読んだ方におすすめ!

オススメの人気記事

記事執筆者紹介

「楽楽精算」コラム編集部です。経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

「楽楽精算」コラム編集部です。
経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報
「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

	資料を受け取る

関連サービスのご紹介

「楽楽精算」の姉妹製品・関連サービスのご紹介です。
バックオフィス業務のあらゆるお悩みを解決できるシステム・サービスをご用意しています。

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ67,000社以上のご契約をいただいています(※2023年3月末時点)。
「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本WEBサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWEBブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

「楽楽精算 クラウドサービス」は「IT導入補助金2023」の対象ツール(デジタル枠および通常枠)です。
補助金を受けるためには、導入契約を締結する前にIT導入補助金事務局(事務局URL:https://it-shien.smrj.go.jp/)に対して交付申請を行う必要がありますので、その点に留意してください。なお、補助金の交付を受けるには所定の要件を満たす必要があります。
※現在は申請期間外となります。