よりよく、寄り添う 経費精算クラウド
メールで資料を受け取る 料金表をもらう

交通費精算は毎日その都度精算することが理想なのでしょうか?

更新日:2022/1/7
  • 交通費精算

私が以前いた会社ではその日の交通費をその日のうちに精算していました。ところが、転職先の会社では毎月月末にまとめて精算をしています。経理上はどちらの精算方法がより理想的なのでしょうか。

>> 交通費精算のやり方や申請時の注意点|経理業務でよくある課題とは?

交通費をどの程度の頻度で支出するかがポイント

交通費に限らず、社員が実費で支払をした後の経費精算はできる限り早めに精算するのが理想です。特に中小企業の場合は、経費精算を溜め込むと、キャシュフロー予測に狂いが生じるケースが出てきます。
中でも交通費精算については、領収書がないため、いつどの程度の精算があるのかを事前に予測することが難しくなります。そのため、交通費が日常的に発生することが稀な場合は、交通費が発生したその日のうちに出金伝票で交通費精算するのがいいでしょう。

経理の業務効率を上げるためには、まとめて締める必要もあり

交通費が日々発生するような業種については、毎日交通費精算していると非常に非効率です。そのため、そのような場合は週末や月末などで一旦締めて、まとめて精算することをおすすめします。これにより、経理担当が小口現金を日々扱う手間が省けます。

まとめ

交通費精算をどのような周期で行うのかは、企業それぞれの社内規定や運用規定規定によって決まってきます。大切なことは、現在の規定が社内の現状に適合しているかどうかです。もしも交通費精算の件数が多いのにも関わらず、日々精算をしているようであれば、一度仕組みを見直しすることをおすすめします。

また、これら交通費精算をスムーズに行うためには、交通費精算システムを導入するとより効率的です。
「楽楽精算」を導入すれば、すべての経費精算をクラウドで一元管理することが可能です。是非検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの人気記事

記事執筆者紹介

「楽楽精算」コラム編集部です。経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

「楽楽精算」コラム編集部です。
経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報
「楽楽精算」最新情報をお届けしていきます!

	資料を受け取る

関連サービスのご紹介

「楽楽精算」の姉妹製品・関連サービスのご紹介です。
バックオフィス業務のあらゆるお悩みを解決できるシステム・サービスをご用意しています。

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ83,000社以上のご契約をいただいています(※2024年3月末現在)。
「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本WEBサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWEBブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

「楽楽精算 クラウドサービス」は「IT導入補助金2024」の対象ツール(インボイス枠(インボイス対応類型)および通常枠)です。
補助金を受けるためには、導入契約を締結する前にIT導入補助金事務局(事務局URL:https://it-shien.smrj.go.jp/)に対して交付申請を行う必要がありますので、その点に留意してください。
なお、補助金の交付を受けるには所定の要件を満たす必要があります。