東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

仕事で出張した先での食事代は経費申請してもいいのでしょうか?

2016/5/31

社員が出張から戻ってきたのですが、経費申請書の中に出張先で支出した食事代の領収書も混じっていました。出張の際の食事代の経費申請を認めても良いのでしょうか?

出張旅費規程の内容を必ず確認しましょう。

そもそも食事代については、出張していてもしていなくても、必ず発生する費用であるため、出張だからといって必ず会社が負担しなければならないわけではありません。

けれども、出張の場合は通常よりも食費が高額となるケースもあるため、それが社員の負担となる部分はあるでしょう。
そこで、このような場合については出張旅費規程において、出張の際の食事代の支給について、予め規定しておくと良いでしょう。一般的には出張の際の日当にこれらの費用も含まれているとするようです。

食事の目的が何かによって異なる場合もある

例えば、出張先で支社の人間と一緒に外で食事をしたのであれば、「会議費」として認められる可能性があります。また、出張先で取引先を接待したのであれば、その際の食事代は「接待交際費」となります。

同じ食事代でも、どのような目的の食事だったのかによって、その経費の処理の仕方が異なりますので注意しましょう。

まとめ

出張した先で食事をした場合は、原則として自己負担です。
ただし、出張旅費規程において、日当などの規定があればその範囲内で支給することも可能です。

また、これら経費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)