東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

クラウド型交通費精算ソフトでよく見る「交通系ICカード精算」とはどのような機能なのですか?

2017/2/16

クラウド型の交通費精算ソフトでは、「交通系ICカード精算」という機能があるようです。この機能を利用すると入力が必要なくなるということでしょうか?

交通系ICカードでの交通費精算とは

交通系ICカードでの交通費精算とは、交通系ICカードの履歴をクラウド型交通費精算ソフトに取込み、その履歴を交通費申請データとして利用できるというものです。交通系ICカードの履歴には、電車移動などをした際の利用日時、ルート、金額が記録されていますので、交通費申請の際にルートや金額を調べて申請書に入力するという二度手間がなくなるわけです。

履歴はICカードリーダーから読み取ります。こちらは市販されている一般的なICカードリーダーを利用できます。USBでパソコンに接続するようになっているので、リーダーが1つあれば複数人で共有することができます。

業務利用、プライベート利用の履歴も仕分け可能

クラウド型交通費精算ソフトで「交通系ICカード精算」をする際は、専用の交通系ICカードを用意する必要はありません。交通系ICカードの中に業務で利用した交通費データのほか、プライベートで電車を利用した履歴や雑貨などを購入した履歴が混じっていても、交通費申請をする際に業務で利用した交通費のみを選択肢して申請することができるので問題ありません。

また、交通系ICカードから取込んだデータは、日時、ルート、金額が修正できないようになっていますので、交通費の過剰請求や不正申請を防ぐこともでき、内部統制としても交通系ICカードでの交通費精算は効果的です。

まとめ

クラウド型交通費精算ソフトで「交通系ICカード精算」を利用することで、交通費の入力や料金の確認の手間を省くことができます。交通系ICカードでの交通費を基準にしている会社であれば、交通費精算での手間を大きく減少させることができるはずです。

また、クラウド型交通費精算ソフトには自動仕訳機能や、会計ソフト連携機能など経理担当者の交通費精算処理を楽にする機能が豊富に取りそろえられています。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)