東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

社員の交通費申請がICカードと切符で2通りあります。交通費申請のルールはどうすべきでしょうか?

2017/2/14

消費税が値上げして、それに伴い鉄道料金も値上げされました。券売機では10円単位での支払いとなり交通系ICカードでは1円単位の支払いになります。交通費申請の際にこの金額の違いはどうしたらいいのでしょうか?

社内規定を確認してルールを統一していきましょう

消費税が値上げされたことにより、JRや私鉄などの鉄道会社での料金も値上げされています。券売機で切符を購入する際は、機械が1円単位に対応していないため金額が10円単位になっています。一方、交通系ICカードでは1円単位になっています。
券売機での切符を購入した場合と、交通系ICカードを利用した場合では交通費での実費が変わってきます。経理処理の煩雑さを減らすためには社内で交通費申請の統一ルールを決めていくようにしましょう。

自社に合った方法で交通費申請ルールの規定を

券売機または交通系ICカードのどちらかに統一した交通費申請の方法をとるのか、または実費での経費精算にするのかは、会社によって判断が異なるでしょう。営業活動に交通系ICカードを利用している会社ならば交通系ICカードへの統一が負担が少ないはずです。自社に合った方法を選択するのが良いでしょう。

まとめ

交通費の経費精算はICカードと切符の2通りありますが、交通費申請のルールを会社で統一するようにすれば経理担当の業務は楽になります。自社に合った方法を選択し、申請者、承認者、経理担当者、それぞれに負担が少ない体制を整えられるのがいいでしょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)