東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

旅費精算をシステム化した場合、出張命令者による事前事後の承認は可能ですか?

2016/12/21

出張に伴う旅費精算については、精算金額が通常の営業交通費よりも高額になるため、その公正性をしっかりと担保する必要があります。そのため、出張命令者の承認はとても重要になってきます。

誰が出張を命じたのかが重要

旅費精算を行う際は、誰が何の目的で出張を命じたのかがとても重要となります。そのため旅費精算をする際には、極力、出張命令者が承認するようにしましょう。そうしないと、社員が個別に判断して出張ができることとなってしまい、水増し請求のリスクを抱えることになってしまいますので注意しましょう。

旅費精算はできる限り事前承認が理想

なお旅費精算については、出張から戻ってきた際の精算をスムーズに行うために、できる限り事前承認制を取り入れると良いでしょう。つまり、出張に行く前に、本人が出張命令者から指示書などをもらい、それをもとに旅費精算書を作成し、予め経理に提出して事前承認をとるようにさせれば、出張が終わった後にスムーズに精算することができます。また、後から疑義が生じないため、トラブルの回避にもつながります。

まとめ

出張などの旅費精算は、金額が大きくなることも多いので、通常の交通費精算以上に精算基準を明確にし、適正に精算することが求められます。その意味でも、出張命令者の承認は最低限必要となる手続きと言っても良いでしょう。

また、これら旅費精算をスムーズに行うためには、クラウドの出張・旅費精算システムを導入するとより効率的です。
旅費出張費精算システム「楽楽精算」は、旅費の事前申請と精算を紐付けることができ、管理の手間を減らすことができます。役職や移動距離に合わせて出張手当も自動計算されるので効率的です。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)