東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

取引先への謝礼は経費精算をする際、交際費になるのでしょうか?それとも手数料として処理をするのでしょうか?

2016/8/16

取引先へのお礼として謝礼金を支出することがあるのですが、この際の金額を経費精算する場合、勘定科目は交際費になるのでしょうか、それとも手数料として処理するのでしょうか?

謝礼金の性質によって勘定科目が変わります

会社として謝礼金を経費として支出する場合は、その勘定科目の仕訳については、謝礼金の「性質」によってことなってきます。

例えば取引先に対する「お礼」としての意味が強いものであれば、その謝礼は「交際費」として処理をしなければなりません。
上記の場合もおそらく交際費が妥当でしょう。

これに対し、外部から講師を招いて講習会を開いたような場合に、その講師に対して支払う謝礼についてはお礼よりも「報酬」としての意味合いが強いため支払手数料として処理をすることになります。

報酬としての謝礼は源泉徴収の対象

なお、名目が謝礼であってもその実態が上記の支払手数料に仕訳されるような報酬や料金としての意味があるものであって、個人に対して支払われるものについては、「源泉徴収」を行なう必要がありますので、この点についても注意しましょう。

まとめ

謝礼については、誰に対してどのような意味合いで支出するのかによって、経理上の処理の仕方が変わってきます。
通常は概ね交際費で問題ありませんが、支払手数料などで計上する場合は、源泉徴収の件も踏まえてよく確認するようにしましょう。

また、これら経費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)