東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

旅費精算の際に、領収書以外で社員に提出させた方が良いものはあるのでしょうか?

2016/8/2

社員の旅費精算をする際に、領収書の他に提出させた方が良い書類などはあるのでしょうか?
その理由も含めて教えてください。

仮払いをする際には出張命令書などを提出してもらう

旅費については高額になる場合も多いため、予め一定額を会社から社員に現金で手渡すケースも出てきます。
この際に渡すお金を「仮払金」と言います。

仮払金を渡す際には、社員に出金伝票を記入してもらう必要がありますが、できればこの際に出張命令書など、出張が会社からの正規の指示であることが分かるものを一緒に提出させるとより確実でしょう。

出張後の旅費精算の際には、報告書や日報を添付してもらう

出張が終わってから旅費精算をする際には、領収書の添付と一緒に出張報告書や日報を一緒に提出してもらいましょう。

出張先での交通費についても、何の目的でどこへ行ったのか正しく確認するためには、出張先での活動内容を経理でも確認しておく必要があるからです。

まとめ

旅費精算は通常の交通費精算よりも金額が高額となるため、精算する際にはこれらの書類を同時に確認して、正しい目的で支出されたものかどうか、経理としてしっかりとチェックするよう徹底しましょう。

また、これら経費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)