東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

従業員が結婚した場合のご祝儀は経費管理上どうなるのでしょうか?

2016/6/15

結婚をした社員がいるのですが、会社としてご祝儀を出す場合、これを経費として支出することは可能でしょうか?また、可能な場合は経費管理上、勘定科目は何に仕訳すれば良いのでしょうか?

社員に対してご祝儀を出す2つのパターン

会社から社員にご祝儀を支給する方法としては2つのパターンがあります。

1つ目は、会社の上司が社員の結婚式に出席する際に、会社から支出したご祝儀を持参するパターンです。この場合のご祝儀は厳密に言うと会社から社員に対する「給与」扱いとする必要がありますので注意が必要です。

2つ目は、結婚の祝い金として支出する場合です。社内規定に結婚祝い金の規定がある場合に支給されるもので、これについては全社員が対象となっているため経費管理上は「福利厚生費」として計上することとなります。

取引先の人の結婚式に渡すご祝儀はどうなるのでしょか?

ご祝儀を渡す相手が自社の社員ではなく、取引先の人である場合は「接待交際費」に仕訳することになります。

なお、ご祝儀は領収書をもらうことができないため、経費精算する際には、結婚式の招待状や実際に渡した金額や日付をきちんと保存しておくようにしましょう。

まとめ

結婚式のご祝儀は経費精算することが可能ですが、「どうやって渡すのか」「誰に渡すのか」によって勘定科目が変わってきますので、経費精算の際には注意しましょう。

また、これら経費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)