東京
03-6675-3811
大阪
06-7660-1231
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085

電子帳簿保存法対応でペーパーレス化の実現!

「楽楽精算」
電子帳簿保存法対応社数NO.1!
  • 原本保存不要でペーパーレス化を実現!
  • システム化により紙でのやり取りからも解放!
※デロイト トーマツ ミック経済研究所「電帳法対応進むクラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2021年6月号: https://mic-r.co.jp/micit/)より

電子帳簿保存法とは…

電子帳簿保存法とは
国税関係帳簿書類を電子データ化して
保存することを認めた法律のこと。
導入することでペーパーレス化につながり、
様々なメリットが得られます。

  • 印刷作業の用紙
    インク代コスト削減
  • 輸送コストの削減
  • 原本到着の時間削減
  • 原本管理コスト削減
  • 過去書類の検索性向上

電子帳簿保存法改正のポイント

2022年1月から大幅に緩和された要件は以下3点です。
POINT1
事前承認制度
改正前
所轄の税務署へ申請し
3か月の承認期間が必要
改正後
事前承認が不要に!
POINT2
適性事務処理要件
改正前
一部原本の確認や
定期的な検査が必要
改正後
原本確認と
検査が不要に!
POINT3
タイムスタンプ
改正前
  • 3営業日以内の
    タイムスタンプ付与が必要
  • 原本に自署が必要
改正後
  • 期間が最長
    約2か月以内に延長!
  • 自署が不要に!
今回の法改正で電子帳簿保存法導入のハードルがかつてないほどにぐっと下がりました。
この機会に、ペーパーレス化を実現しましょう!

経費精算システムを選ぶなら、
電子帳簿保存法対応社数No.1※1「楽楽精算」

累計導入者数No.1 10,000社導入 電子帳簿保存法対応社数No.1
「楽楽精算」が選ばれているポイント
  • 「楽楽精算」は電子帳簿保存法に則した領収書・請求書のスキャナ保存と
    電子取引の保存に対応しています。
  • 豊富な導入実績!運用事例や知見が多数あります
  • 充実のサポート体制!導入初期の専任サポートや各種マニュアルなどを
    そろえたサポートサイトもご用意
  • 設定の自由度が抜群!
    申請の項目やレイアウト、承認フローなどいつでも自由にカスタマイズ可能
※1:デロイト トーマツ ミック経済研究所「電帳法対応進むクラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2021年6月号: https://mic-r.co.jp/micit/)より
※2:2022年4月時点

電子帳簿保存法対応で課題を解決

「楽楽精算」で電子帳簿保存法に対応し、紙・Excel運用の課題を解決しましょう!
  • 課題1

    原本の
    保存コストがかかる…

    解決
    原本の保存不要!
    ペーパーレス化を実現

    原本破棄できるため、原本の保管・管理コストを削減可能!紛失リスクも軽減でき、内部統制強化にもつながります。

  • 課題2

    過去の取引を
    さかのぼるのが大変

    解決
    検索がラクラクに!
    監査対応の負担も軽減

    電子化により検索性が飛躍的に向上!過去の取引は見たい時に検索するだけですぐに参照できます。

  • 課題3

    領収書内容の入力や
    貼り付けが面倒…

    解決
    領収書はスマホでパシャ!
    経費精算が1分で完了

    領収書原本の貼り付けは不要!スマホで領収書を撮影すると金額や取引日を自動でデータ化。手入力を大幅に削減!

  • 課題4

    領収書の添付漏れや
    記入漏れのチェックが大変…

    解決
    原本での確認は不要!
    チェック工数を削減

    原本での確認不要で、Web上でチェックが完結!いつでもどこでも承認ができ、確認スピードを上げることができます。

「楽楽精算」電子帳簿保存法対応の便利な機能

「楽楽精算」は電子帳簿保存法の要件を満たす機能や、運用をラクにする機能を備えています。
検索機能
ここがメリット
過去書類の検索が
ラクラク!
アップロードした領収書などの国税関係書類のデータの中から、日付、金額、取引先名などの項目で必要な領収書や請求書をすぐに検索!
スキャナ保存要件の一つである「可視性の確保」に対応します。
タイムスタンプ付与
ここがメリット
電子化された
データの改ざんを防止!
スキャンした領収書や請求書のデータをアップロード時に自動的にタイムスタンプが付与されるため、スキャナ保存要件の「真実性の確保」を満たす電子保存が可能になります。
領収書読み取り
ここがメリット
手入力工数が
大幅削減!
領収書はスマホカメラやスキャナ取り込みをすると、内容が読み取られ、金額や取引先などが自動でデータ化!
自宅や外出先でも、紙書類を簡単に電子化できます。

電子帳簿保存法の運用イメージ

紙・Excel運用と、電子帳簿保存法対応社数NO.1の経費精算システム「楽楽精算」の
電子帳簿保存法対応機能を利用した業務フローを比較します。
※:デロイト トーマツ ミック経済研究所「電帳法対応進むクラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2021年6月号: https://mic-r.co.jp/micit/)より
※:電子取引も同様の運用
「楽楽精算」で電子帳簿保存法対応をすることで、
手入力やチェック・承認の
業務量&原本管理コスト、どちらも削減!

電子帳簿保存法対応の導入事例

電子帳簿保存法での運用にお悩みの方へ

「電子帳簿保存法の要件は複雑で導入できるか不安だ」という方に向けて、
電子帳簿保存法の対応・コンサルティングサービスの提供会社もご案内しています。
気になった方はお気軽にご相談ください。
TOMAコンサルタンツグループ株式会社
  • 電帳法の申請書作成から
    運用指導まで一括サポート
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
  • ペーパレス経費精算を行う
    ためのコンサルティング

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス52,089社、レンタルサーバーサービス22,826社、合計74,915社(2021年3月末現在)のご契約を頂いております。「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本ウェブサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWebブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

プライバシーマーク
ISMS認証マーク