東京
03-6675-3811
大阪
06-6376-5222
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085

Amazonビジネス連携

物品購入にまつわる悩みを全て解決!
「楽楽精算」のAmazonビジネス連携機能

「楽楽精算」の詳しい機能がわかる

「楽楽精算」はAmazonビジネスと連携し、物品を購買する際の事前申請~経費精算業務を効率化することができます。
Amazonビジネスの購入履歴が「楽楽精算」内に自動で取り込まれるので、
購入内容の明細を把握できる上、購入経路の統制などにも繋がります。

社内の物品購入でこんなお悩みはありませんか?

  • 立替経費精算での入力ミスによる手戻りが多く、時間がかかる
  • 購買の可視化ができない
  • 従業員立替が多く、小口現金管理や経費精算の工数がかかる
上記のようなよくあるお悩みも、
「楽楽精算」のAmazonビジネス連携機能ですべて解決できます!

企業の物品購入を効率化できる機能

Amazonビジネス連携機能とは

Amazonビジネスとは、個人向けのAmazon.co.jpの品揃えや利便性はそのままに、企業購買に特化した機能が追加された、「日常」的にビジネス購買が可能な専用サイトです。

Amazonビジネスは「楽楽精算」と連携できるため、購買したい商品の事前申請~購入後の経費精算を「楽楽精算」上ですべて完結します。

※Amazon、Amazonビジネスおよびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
ここがメリット

1品から利用可能!承認されないと購買できない仕組み&
経費精算時のミスも防げるので、内部統制の強化にもつながる!

購入者が自由に買い物ができるわけでなく、承認者が許可を押さない限りは発注されない仕組みになっているので、安心してご利用いただけます。また、経費精算時には購入履歴がそのまま経費精算に反映されるので、金額のミスや申請漏れを防ぐことができます。

自動連携を使用せず、CSVを介してデータを取り込んで申請等に活用することも可能です。その際もCSVで取り込んだことが分かるアイコンが明示されるため、ミスの多い手入力による申請と区別して効率的に確認を行えるようになります。

Amazonビジネス連携機能のメリットAmazonビジネス連携機能で、物品購入に関するお悩みを解決することができます。

  • 申請ミスが減り立替精算を効率化!

    Amazonビジネス側で購買したものは「楽楽精算」にそのまま連携できるので、商品の価格や個数の記載ミスがなくなります。

  • 物品の購買を可視化できる!

    今まで不明だった物品購入も、いつ・誰が・何を・どこで・何のために購買するのかが可視化されるため、管理のしやすさが向上します。

  • 立替精算がなくなり、
    支払いの手間が削減される!

    Amazonビジネス連携の利用により請求書払いでの対応が可能になるため、従業員の立替精算がなくなります。それにより、小口現金の管理削減にも繋がります。

Amazonビジネス連携機能を用いた経費精算フロー 物品購入のスムーズなフローが実現します。

購買前の事前申請フロー

  • 「楽楽精算」から
    Amazonビジネスのカタログを開く

  • 購買したい商品を選択
    在庫の確保、価格のロックが可能!※ 在庫・価格のロックには有効期間(7日)があります。

  • 「楽楽精算」上で
    経費申請

  • 経費申請承認後に
    商品を自動発注

購買後の経費精算フロー

  • 「楽楽精算」上にAmazonビジネスの購入履歴を取込
    (自動連携、またはCSV)

  • 「楽楽精算」上で
    Amazonビジネスの購入履歴を選択

  • 経費精算の申請画面に
    履歴の情報が反映される

  • 経費精算完了

「楽楽精算」の“お役立ち機能”をまとめました

累計導入社数No.1
「楽楽精算」が
経費精算の悩みを
すべて解決します!
新型コロナウイルス対策の一環として、
WEB上でのご案内を強化中!
気軽にオンラインデモをご覧いただくことも可能です。

※ ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2020」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2019年12月末までの累計導入社数)

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス47,366社、レンタルサーバーサービス22,826社、合計70,192社のご契約を頂いております。(2020年9月末現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本ウェブサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWebブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

20000843(06)