東京
03-6675-3623
大阪
06-6376-5222
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085
  • 東京
    03-6675-3623
  • 大阪
    06-6376-5222
  • 名古屋
    052-218-6937
  • 福岡
    092-739-8085

経費精算システム「楽楽精算」の社内問い合わせチャットボット対応機能

チャットボットで社内問い合わせの対応を効率化

「楽楽精算」は、チャットボットツール「チャットディーラ―」と連携しています。
問い合わせに対して自動応答するチャットボットが、経費精算に関する社内からの問い合わせ対応を効率化します。

いままで経理の方に寄せられていたよくある質問を、あらかじめ回答とセットにしてチャットボットに設定しておけば、質問に対してチャットボットが自動で回答するため、経理の方が都度回答する手間がなくなり、質問者もすぐに疑問を解決できます。

チャットボットとは・・・

チャットボットとは、利用者からの問い合わせに対してあらかじめ質問と回答を設定しておけば、自動で応答してくれるプログラムのことです。

担当者を介すことなく問い合わせに自動対応ができるため、リソースの削減に繋がり、24時間対応可能・人によらない対応の質が担保できるなど、メリットが多く、Web接客やカスタマーサポートの効率化などに利用されています。

「楽楽精算」におけるチャットボット応答機能のメリット

経理担当者のメリット
  • 回答の手間・工数削減

    自動応答のチャットボットなので、都度回答する必要がなくなります。

  • よくある質問がわかり、マニュアルや教育・研修に活用できる!

    チャットのレポート機能で、質問された回数を集計できるため、社員から疑問を持たれやすい事項が明確になります。
    その内容を、経費精算に関するマニュアルや教育・研修に反映することで、全体のミスを事前に防ぐことにつながります。

申請者・承認者のメリット
  • 疑問解決までのスピードアップ

    チャットボットが即時回答してくれるので、疑問をすぐに解決でき、回答待ちの時間が無くなります。

  • 質問のハードルが下がることで、ミスを削減

    無人対応のチャットボットなので、これまで質問していなかったような小さな疑問でも質問しやすくなります。
    疑問を解消しやすくなり、それまで発生していたミスや差し戻しの削減につながります。

「楽楽精算」におけるチャットボット応答機能の利用シーン

経理に寄せられるよくある質問と回答をチャットボットに設定しておくことで、チャットボットが自動で回答してくれます。

EX)経費精算規定が知りたい
  • 交際費の上限額は?
  • 購入した物品はどの科目に当てはまる?
EX)経費精算システムの使い方・運用が知りたい
  • 交通系ICカード読取り機能の使い方は?
  • スキャン、処理済みの領収書原本はどう管理する?

このように経費精算規定や「楽楽精算」の使い方についてなど、よくある問い合わせ・よくあるミスを質問・回答として設定することで効率化が図れます。

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス36,600社 レンタルサーバーサービス22,826社、のべ59,426社のご契約を頂いております。(2019年3月末現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)