「楽楽精算」ユーザーの販売パートナー登録が増えています!

2020/2/16

「楽楽精算」ユーザーの販売パートナー登録が増えています!

「楽楽精算」は導入社数5,000社を超え、累計導入社数日本一の経費精算システムとなりました。(ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2019」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2018年12月末までの累計導入社数))

みなさまに支持される「楽楽精算」ですが、ユーザーとしてご利用いただいている企業の中には自社の経費精算業務の効率をあげるだけではなく、販売パートナーとしてお取引先へ「楽楽精算」を紹介・ご提案いただき、自社ビジネスの拡大にも活用されているところが増えています。

なぜ「楽楽精算」は代理販売の商材として選ばれるのか?

「楽楽精算」は代理販売商材としてどうしてこんなにも選ばれているのでしょうか。実際に「楽楽精算」を代理販売してくださっている企業の声からいくつかご紹介します。

経費精算を行わない会社はない!だからどんな企業でも提案ができます

システムを商材として取り扱うときに「この商材は自社の既存顧客にマッチするものか」ということを考えるでしょう。経費精算を行わない企業はないので、業界、業種を問わずに提案できる点が「楽楽精算」を評価いただいているポイントです。

話題のTVCMで認知度が業界でも随一

有名タレントを起用した「楽楽精算」のCMを一度は目にしていただいたことがあるのではないでしょうか。「楽楽精算」のことをTVCMで初めて認知したというお客さまも多く、SNSや口コミで非常に大きな反響を呼んでいます。「楽楽精算」を提案していただいたときに「あのシステムね、知ってるよ」となることも多いので、販売パートナーからは「非常に成約しやすい」とのお声をいただいております。

ノルマは一切なし!登録料、年会費すべてが無料でご提案いただけます

「楽楽精算」の販売パートナーとなり、自社の既存顧客に提案いただく際、販売パートナーが負担する登録料や年会費などの費用は一切ありません。また、月間/年間でもノルマは存在しないため、単発でのご紹介や、自社商材のフックツールとして活用いただくことが可能です。

「楽楽精算」を導入いただくお客様の特長

次に、製品の販売先をイメージしていただきやすいよう、「楽楽精算」を導入いただいているのが実際にどのようなニーズをお持ちのお客様なのか紹介いたします。

  • これまで紙やエクセルで経費精算を行っており、申請→承認→精算にいたる現在の業務プロセスにムダや課題感を感じている
  • 経理担当者が勘定仕訳・会計ソフトの入力・振込データ作成など膨大な手入力に追われており、ミスやストレスの温床になっている
  • 小口現金や仮払金の取り扱いを減らしたい
  • 内部統制を強化したい
  • 自社の基幹システム(ERP)に組み込まれた経費精算機能が不十分で、業務効率化が進んでいない
  • 電子帳簿保存法に対応し、ペーパレス化を実現したい
  • グループ企業間での経理業務を統一化していきたい etc…

業種・業態は問いませんが、これまで社員数50~2000名規模の企業様に導入いただくことが多いです。
貴社のお取引先にこのような悩みをお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、ぜひ「楽楽精算」をご紹介・ご提案いただけると幸いです。

また、普段から「楽楽精算」をご利用いただいていれば、機能や特性、さらにその活用方法や弊社サポートなどの様子もエンドクライアントにお伝えすることが可能です。これにより、セールストークにより説得力が出ることで、商談成功率があがると考えられます。

まとめ

「楽楽精算」を利用いただいているユーザー企業が、「楽楽精算」を自社の顧客にご提案いただき、売上を拡大しているということが増えてきました。この記事でご紹介したように「楽楽精算」を代理店として販売いただくメリットは多く、非常に提案をしやすい商材となっています。ぜひこの機会に「楽楽精算」の販売パートナー登録をご検討ください。

横澤さん

販売代理店・販売パートナー募集

無料今すぐお問い合わせ
TEL

【受付時間】 平日9:30-18:00(土日祝日除く)
【担当】販売パートナー担当

滝藤さん

編集者情報

株式会社ラクス 「楽楽精算」販売パートナー担当