人気のストックビジネスの代理店募集!低解約率商材で収益の安定化を実現

2020/5/21

人気のストックビジネスの代理店募集!低解約率商材で収益の安定化を実現

ストックビジネスは成約を積み上げることで非常に収益構造が安定します。さらに解約率の低い商材を扱うことでその安定性はさらに増していきます。今回はそんなストックビジネス商材を販売パートナーとして取り扱う企業を募集します。

ストックビジネスとは?

まずストックビジネスとはどのようなものか、あらためて確認します。ストックビジネスとは積み上げビジネスと呼ばれることもあり、解約がない限り継続して収益があがるビジネスモデルのことです。

これとは逆に単発で収益があがるビジネスのことをショットと呼ぶことがあります。初期費用はショットの例といえます。

ストックビジネスにはどのようなものがある?

では、ストックビジネスにはどのようなものがあるでしょうか?フィットネスジムや習い事はストックビジネスといえます。毎月会員の方から会員費として利用料をいただき、それが収益となります。学習塾や、最近流行りの動画配信サービスで月額課金が行われているものもストックビジネスです。コンサルティングでどこかの企業から毎月固定報酬が入っているようなものもストックビジネスといえるでしょう。

よいストックビジネスの条件

ストックビジネスの中にもいいものとそうではないものが存在します。ストックビジネスとして優れたものにはどのようなものがあるのか確認しましょう。

どこかの企業に依存しない

例えば会社のストックビジネス分の売上が毎月1,000万円だとして、そのうち900万円をどこかひとつの企業に依存している場合、これはいいストックビジネスとはいえません。この状態でその900万円の売上を挙げている企業になにかあった場合、自社の利益に大きな影響がでます。また、このいわゆる得意客の都合に収益が振り回されてしまうことになるので、収益は分散して確保するのが望ましいでしょう。

提案を行いやすく、成約しやすい

ストックビジネスはどこか特定の企業に依存しないことが望ましいとご説明しました。つまり、ある程度金額が小さくても多くの企業で利用されていることがいいストックビジネスの条件ということです。そうなると多くの契約が必要になるため、提案を行いやすく、成約しやすいものがストックビジネスとして優れたものであるということになります。

解約率が低い

ストックビジネスの強みとしては売上の積み上げができるという点です。逆に考えれば、解約が多くなってしまい積み上がらなければ、ストックビジネスの強みが非常に弱くなります。そのため、ストックビジネスの商材を選ぶときは解約率が低いものを選ぶようにしましょう。

この条件を満たす「楽楽精算」の販売パートナー募集中

「楽楽精算」は累計導入数が日本一のクラウド型の経費精算システム(※)です。経費精算というどの企業でも必ず行う業務の効率化を図るものなので、業種業界を問わず提案していただくことが可能です。

また、日本一の累計導入数を誇り、非常に解約率が低いため、ストックビジネスを開始するにはうってつけの商材です。ぜひ販売パートナーとして「楽楽精算」のお取り扱いをご検討ください。「楽楽精算」の販売パートナーについての資料を無料でお送りしておりますので、ぜひお気軽にご請求ください。

※ ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2019」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2018年12月末までの累計導入社数)

横澤さん

販売代理店・販売パートナー募集

無料今すぐお問い合わせ
TEL

【受付時間】 平日9:30-18:00(土日祝日除く)
【担当】販売パートナー担当

滝藤さん

編集者情報

株式会社ラクス 「楽楽精算」販売パートナー担当