導入実績6000社超!日本で一番選ばれている経費精算システム

2020/2/17

導入実績6000社超!日本で一番選ばれている経費精算システム

「「楽楽精算」はユーザーのみなさまのおかげで累計導入社数が6,000社を超え、日本一の経費精算システムとなりました。(ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2019」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2018年12月末までの累計導入社数))

このNo.1経費精算システムである「楽楽精算」を代理販売商材として扱う際に、販売パートナーにはどのようなメリットがあるか、この記事で解説します。

No.1経費精算システム「楽楽精算」を代理販売商材として選ぶメリット

No.1経費精算システム「楽楽精算」が代理販売商材として優れているのはなんといってもトップブランドとしての「信頼感・安心感」です。商材にこの信頼感・安心感があることで、販売パートナーには以下のようなメリットがあります。

幅広いマーケティング活動により商材認知度が高く、提案しやすい

「楽楽精算」ではTVCMから雑誌広告にいたるまで、幅広くマーケティングをおこなっています。ラクスの直販部隊でも、販売パートナーでも「楽楽精算」の名前を出すと「ああ、あの製品ね。TVで見たよ」「この間雑誌に載ってたよね」という会話になることがあります。そのくらい製品認知度が高いので、お客さまのところで提案をしやすいという点が、「楽楽精算」の代理店商材としてのメリットです。

決定率も高く、ストック型商材なので収益が安定しやすい

国内No.1の経費精算システムとして有名なことから、「楽楽精算」はその決定率の高さも特徴です。大企業から中小企業までさまざまな導入事例があるため、エンドユーザーの規模にあわせた提案が可能で、「この機能がほしいのについていない」や「いらない機能がたくさんついていて価格が・・・」という場合にも柔軟に対応できます。

また、「楽楽精算」はストック型商材です。そのため、エンドユーザーが「楽楽精算」を利用し続ける限り収益を見込むことができます。解約率も非常に低いため、長期的な安定収益を見込むことができるのも「楽楽精算」の代理店商材としてのメリットです。

まとめ

「楽楽精算」はNo.1経費精算システムとしてその「信頼感・安心感」からくる、販売のしやすさが特徴です。提案から成約まで、No.1だからこその信頼感で販売パートナーのみなさまをサポートします。販売ノルマは一切なく、登録料、月額費用もすべてかかりませんので、ぜひ貴社フック商材などとしてもご活用ください。

横澤さん

販売代理店・販売パートナー募集

無料今すぐお問い合わせ
TEL

【受付時間】 平日9:30-18:00(土日祝日除く)
【担当】販売パートナー担当

滝藤さん

編集者情報

株式会社ラクス 「楽楽精算」販売パートナー担当