クラウドサービス「楽楽精算」の代理店募集中!クラウド商材ならではの魅力とは?

2021/10/8

クラウドサービス「楽楽精算」の代理店募集中!クラウド商材ならではの魅力とは?

クラウドという言葉を耳にしない日はないほどその言葉は一般的になってきました。クラウド市場は働き方改革やコロナ禍による多様な働き方の推奨に伴い、ますます活性化しています。
このように市場の後押しを受けているクラウドですが、クラウドサービス商材の代理店になることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。この記事ではクラウドについて振り返りながら、ご紹介します。

クラウドサービスとは?

クラウドサービスとは、サービス提供者が運営しているサービスをインターネット上で利用できるサービスの総称です。
従来は、利用者がハードウェアを用意したりソフトウェアを購入・インストールしたりしなければ使えなかったようなサービスが多くありました。また、オンプレミス型と呼ばれる自社運用型のソフトウェアの場合、利用端末の制限があったり、ソフトウェアの運用・維持に莫大な工数や費用がかかるケースが大半です。
クラウドサービスはそういった一切の手間を省きます。クラウドサービスを利用することで、インターネット環境さえあれば端末・場所を選ばずサービス利用ができるようになります。また、サービス運用はサービス提供主が管理するため、サーバー費用・保守の工数もかかりません。

クラウドサービスが流行する理由

クラウドサービスが流行する理由として代表的なものを3点ご紹介します。

端末や場所を選ばず利用できるため

クラウド型は、インターネット環境さえあれば場所や端末を問わずどこでも利用できます。
オンプレミス型(自社管理型)の場合、特別な運用をしない限りオフィス外からアクセスができないため、「会社のパソコンでないと見積もりが出せない」、「経費精算はオフィスにある専用端末を操作しないといけない」という制限がありますが、クラウド型はこれらの悩みを解決してくれます。
コロナ禍でリモートワークの推進が進んだ中、自宅や外出先など社外からでも利用できるクラウド型は、より注目を浴びるようになりました。

安価に導入できるため

クラウド型にかかる費用は一般的に初期費用と利用料金のみ。システム開発料や保守点検費は発生しないため、オンプレミス型(自社管理型)よりも比較的安価に導入できる傾向があります。

また、アップデート時の追加費用もかからないのは大きなポイントです。
例えば経費精算システムであれば、税制改正や電車賃の変動に伴うアップデートが必要になるケースが頻繁に発生しますが、オンプレミス型のシステムの場合、それらのアップデートを自社内の技術員または外注を通して実施する必要があり、多額の費用と時間がかかります。
しかし、クラウド型であれば、そのような作業もサービス提供会社が担ってくれるため、追加の費用は発生しません。

データ共有が楽にできる

クラウド型は、インターネット環境さえあればデータにアクセスできるので、外出先から確認したり、別の場所にいるスタッフへの共有も簡単にできます。
会社支給端末やネットワーク環境でないとデータにアクセスができないオンプレミス型と比較すると、クラウド型の方が快適に仕事ができるでしょう。

クラウドサービスを代理店商材として取り扱うメリットまとめ

では、クラウドサービスを代理店商材として取り扱うメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

安価なので、提案がしやすい

前述の通りクラウドサービスは非常に安価なので、代理店としてクライアントに提案しやすいというメリットがあります。通常は代理店商材として取り扱っているサービスが高額でもまずはフックサービスとして安価なクラウドサービスを提供することで、クライアントとの関係性を作るのに役立ちます。

必要としている企業が多いので、様々な企業へ提案が可能

冒頭でもお伝えしましたが、現在市況の変化によってクラウド型のニーズが高まっていることで、非常に提案しやすい状態にあります。
特に、ニーズがあるクラウドサービスとして、クラウド型経費精算システム、勤怠システム、電子請求書システム、労務システムなどが挙げられます。
こういったシステムに共通して言えるのが、どのような企業でも必ず発生する業務のクラウドシステムであること。経費精算や勤怠管理は業種業態に限らずどのような企業でも必要となる業務です。これら業務のクラウド化は、リモートワークの推進や業務効率改善につながるため、どういった企業にとっても強いニーズがあるのです。
よりニーズの高いクラウド型商材を取り扱うことで、幅広い企業へ提案できるようになります。

収益が安定化する

クラウドサービスの利用額は往々にして月額・年額で発生するケースが大半です。
従ってこれらの商材を取り扱うことで、代理店は販売手数料として毎月・毎年利益を得られます。
また、クラウドサービスは基本的に解約率も低いため、収益の安定化も見込めるでしょう。

クラウドサービス「楽楽精算」では販売代理店・パートナーを募集中

クラウド型経費精算システムの「楽楽精算」は、経費精算をいつでもどこでも申請・承認・処理ができるサービスです。
現在、「楽楽精算」を販売してくださる代理店・パートナー様を募集中!

  • CM放送で認知度の高い経費精算システム!ご案内がしやすいです。
  • 販売支援が充実!代理店・パートナー様専用情報サイトのご用意や、お客様ご案内用資料・メールテンプレのご提供、協賛ウェビナーの開催も可能です。
  • 販売形態は、取次(「楽楽精算」が気になるお客様を弊社にご紹介いただく)と再販売(「楽楽精算」を貴社で営業いただく)の2種類!ご自由にお選びいただけます。
  • ご要望ございましたら弊社提供の別商材(電子請求書システムの「楽楽明細」、販売管理ツールの「楽楽明細」など)もお取り扱いいただけます。

クラウドサービスの代理店・パートナーをご検討されていましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

>>お問合せはコチラ

>>「楽楽精算」販売代理店・販売パートナーについてはコチラ

まとめ

現在企業でもクラウドサービスを利用することが増えてきました。その中で代理店としてクラウドサービスを利用するメリットをご紹介しました。特に経費精算はどんな企業でも行う業務なので、提案できる企業の広さでは随一です

「楽楽精算」では、代理店登録料、年会費、ノルマなど一切なくサービスの代理店になることができますので、ぜひ一度資料請求などをご検討ください。

>>お問合せはコチラ

>>「楽楽精算」販売代理店・販売パートナーについてはコチラ
横澤さん

販売代理店・販売パートナー募集

無料今すぐお問い合わせ
TEL

【受付時間】 平日9:30-18:00(土日祝日除く)
【担当】販売パートナー担当

滝藤さん

よくあるご質問

販売代理店・販売パートナーの皆様よりよくいただくご質問を
こちらでおまとめしております。

  • Q

    立ち上げたばかりの企業ですが問合せてもいいでしょうか?

    はい、もちろん可能です。販売パートナー契約は企業規模によってお断りすることは有りませんので、お気軽にお問い合わせください。

    営業担当に問い合わせる
  • Q

    他の経費精算システムとの違いはどのようなところですか?

    「楽楽精算」ならではの特徴としては2点あります。

     ・パートナー様に対しても、エンドクライアント様に対してもサポートが手厚い
     ・カスタマイズ性に優れているのでエンドクライアント様の運用に合わせた導入が可能

    その他にも「楽楽精算」には優れた点が多くありますので、詳細は「楽楽精算」営業担当へご質問ください。

    営業担当に質問する
  • Q

    登録料や年会費、販売ノルマや販売数に応じたステージ制度はありますか?

    いいえ、すべてありません。「楽楽精算」の販売パートナー契約に当たり登録料や年会費、販売ノルマは一切ありません。また販売数に応じてステージ制度などもありませんので、パートナー様のご都合にあわせてご提案いただけます。単発でのご紹介も大歓迎です。

  • Q

    営業の人数が少ないのですが、問題ないでしょうか?

    はい。販売ノルマはないので、単発案件でのご紹介でも問題ございません。ご紹介にあたって少ない営業稼働でも効果的な提案方法など、パートナー様に合わせたご案内をさせて頂きます。

編集者情報

株式会社ラクス 「楽楽精算」販売パートナー担当