「楽楽精算」とBPOの協業で経費精算を「楽楽」に!アライアンスパートナー募集中!

2020/11/24

「楽楽精算」とBPOの協業で経費精算を「楽楽」に!アライアンスパートナー募集中!

「経費精算」は紙代や印刷代や大きな手間がかかる業務と認識されています。経費精算のように、まだまだアナログが主流で手間のかかる業務は、システムやBPOの導入による効率化の効果は大きく、経費精算システムの導入と同時にBPO導入を検討する企業が増えてきています。「楽楽精算」ではエンドクライアントの経費精算をさらに効率化してくれるBPOサービスを提供している企業とのアライアンスパートナーを推進しています。

経費精算のシステム化、BPO化するメリット

従来は紙やエクセルを利用して行うことが一般的だった経費精算業務ですが、最近ではシステム化、さらにはシステムを使った上でのBPO化が主流となってきています。経費精算をシステム化、BPO化するとどのようなメリットがあるのかご紹介します。

紙やエクセルで行っていた作業がシステム上ですべて完結!

従来の紙やエクセルで経費精算を行なっていると、いろいろ不便なことがあります。例えば、印刷コストがかかったり、手作業で時間がかかったりするという点です。システム上で申請から承認まで完結すれば、印刷コストはなく、データを交通系ICカードから読み取って手作業を削減できます。

その他にもクレジットカードと連携し申請データの自動で作成、定期区間の自動控除、インターネットが繋がる環境なら社外からも精算が可能など、経費精算をシステム化するメリットは非常に多く、現在多くの企業で導入が進んでいます。

経費精算処理をアウトソーシングして、コア業務に集中

経費精算をBPO化すれば、申請者は証憑をBPO担当に送付するだけで申請から承認までを代行することが可能です。もちろん申請と最終承認だけは自社内で行い、途中の確認だけをアウトソースすることもできるので、エンドクライアントの運用に合わせて部分的にBPO化することができるサービスも多くなっています。政府が主導する働き方改革の推進によって生産性を高めることの重要性が増しています。本来集中するべきコア業務に従業員の時間を割き、ノンコア業務の負担をなるべく軽くするために、BPOを利用する企業も増えています。

「楽楽精算」のパートナー制度で経費精算をもっと「楽楽」に

経費精算を効率化する経費精算システムとBPOの利用を組み合わせることでクライアント企業の経費精算はさらに効率化できます。

「楽楽精算」とBPOを組み合わせてお客様の業務を効率的に改善!

BPO企業と「楽楽精算」がパートナーとなり、BPOを行う中で「楽楽精算」を利用することが可能です。BPOを利用したとしても、手入力の作業を代行しているだけでは入力精度やスピードの点で不安が残ります。そこで、BPO企業と「楽楽精算」がパートナーとなり、エンドクライアントの経費精算をBPO化した上で、さらにシステム処理することでより制度が高く、迅速な作業を実現することができます。

これによってエンドクライアントは自社内作業の工数を削減した上で、正確な情報を早く手に入れることができるので、システム化、BPO化をそれぞれ単体で利用するよりも大きな効果を感じられるでしょう。

「楽楽精算」もパートナーも相互にエンドクライアントを紹介するシステムを採用

さらに、パートナーとなってくださった企業と「楽楽精算」で相互にクライアント企業を紹介する制度もあります。BPO化を検討している企業に「楽楽精算」の利用を同時にご提案いただいたり、「楽楽精算」のご検討をいただいている企業にさらなる効率化のためBPOをご提案したりと相互にエンドクライアントを紹介します。これにより、それぞれの商機を最大限に大きくすることができます。

まとめ

経費精算のシステム化とBPO化、どちらも最近の業務効率化の主流ですが、これを組み合わせることでエンドクライアントの経費精算はより効率化されます。また、パートナーとなってくださった企業と「楽楽精算」で相互にエンドクライアントを紹介する制度も採用しています。「楽楽精算」のパートナーとなりそれぞれのビジネスチャンスの最大化を目指してみませんか。

「楽楽精算」パートナー制度(ソリューションパートナーシップ)の詳細は以下に記載しておりますので、ご興味があればぜひご一読ください。ご検討よろしくお願いいたします。

>>「楽楽精算」との協業制度「ソリューションパートナーシップ」のご紹介
横澤さん

販売代理店・販売パートナー募集

無料今すぐお問い合わせ
TEL

【受付時間】 平日9:30-18:00(土日祝日除く)
【担当】販売パートナー担当

滝藤さん

編集者情報

株式会社ラクス 「楽楽精算」販売パートナー担当