東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

旅費精算で、残業でホテルに泊まったときの宿泊費は精算できますか?

2017/2/20

仕事で遅くなってしまい、ホテルに宿泊をしました。この際、会社に旅費として宿泊代を経費精算してもらうことができるのでしょうか?

残業時のホテルの宿泊代について就業規則での確認が必要

残業で遅くなり電車などの交通機関がなくなってしまい、会社の近くのホテルに宿泊ということは滅多にあることではありません。
基本として会社は、社員が電車の動いている時間に帰社できるようにすることが必要です。ただ、どうしても遅くなってしまうのであれば就業規則を確認し、上司や責任者に了承を得た上でホテルに泊まるようにしましょう。

残業で遅くなっても電車の時間内に帰社する

就業規則で帰宅の際のタクシー代やホテルの宿泊代を経費として認めていない会社もあります。タクシー代やホテルの宿泊代を経費精算してもらえないのであれば、社員は残業で遅くなったとしても帰社するようにしましょう。また、会社側としては、時間内に社員を帰宅させる必要があります。

まとめ

残業で遅くなり、ホテルに宿泊した際の費用を旅費精算できるかは各社の就業規定によって異なります。まずは就業規定を確認し、上司や責任者に了承を得た上でホテル利用をするか判断するようにしましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)