東京
03-6675-3623
大阪
06-6376-5222
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085
  • 東京
    03-6675-3623
  • 大阪
    06-6376-5222
  • 名古屋
    052-218-6937
  • 福岡
    092-739-8085

経費精算ソフトではどのような種類の経費を扱えますか?

2017/2/17

経費精算ソフトの導入を検討していますが、経費の勘定科目はどの種類が使えるのか気になります。

経費精算ソフトでは基本的な勘定科目は利用可能

経費精算ソフトでは基本的な経費の勘定科目は一通り扱っています。経費の勘定科目よりも、その使い勝手の良さを体感していく方が大切でしょう。
勘定科目としては、旅費交通費や接待交際費、また賃借料や地代、修繕費など様々な科目があります。一般的な勘定科目を利用することはできますが、万一特殊な科目を使っているようであれば一般的な科目に修正出来るか検討してみましょう。

特殊な勘定科目を利用することも可能

経費精算ソフトでは一般的な勘定科目はすべて利用できる仕様になっていることがほとんどです。そのため、中小企業から大企業まで幅広く利用する会社が増加しています。どうしても会社に合う勘定科目がなく、自社用に勘定科目を追加したいということであれば、勘定科目が追加、変更できる経費精算ソフトの導入を検討してみましょう。
経費精算ソフトを導入することで経理処理は大幅に減少させることが期待できるため、導入の際に勘定科目も見直していくことも検討してみましょう。

まとめ

経費精算ソフトでは、基本的な勘定科目はほとんど利用することができます。特殊な科目を利用する場合には、カスタマイズできる経費精算ソフトを検討してみましょう。

 国内で最も選ばれている経費精算システム

「楽楽精算」

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス30,800社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ53,600社のご契約を頂いております。(2018年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)