東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085
  • 東京
    03-6675-3623
  • 大阪
    06-6346-3643
  • 名古屋
    052-218-6937
  • 福岡
    092-739-8085

残業で電車がなくなりタクシーを使った場合、会社負担として交通費精算できますか?

2017/2/13

タクシー代を経費として算入できるかどうかは、その会社の就業規則などを確認する必要があります。また、就業規則に規定がないようであれば、経費を出す権限が誰にあるのか確認をしましょう。

タクシーによる帰宅での交通費精算は判断が難しい

会社の業務で遅くなり電車ではなくタクシーで帰宅し交通費精算をした場合、会社負担として交通費が支給されるかどうかは判断が難しいケースが多いようです。
個人の業務であり、また自らの判断で残業をしてタクシーで帰宅することとなっても、会社から経費として支給されない可能性もあります。

最終電車に間に合わない場合は上司の判断を仰ぐ

クレーム対応などで、その日のうちに対応しなければならない業務が発生することもあります。通常であれば最終電車の時間内に帰宅することが望ましいのですが、難しいようであれば上司や現場責任者の判断に従うのが望ましいでしょう。
また、通常業務ではなく、個人の判断で経費処理が判断できない時には必ず上司の確認をとるようにしましょう。

まとめ

タクシーを使って帰宅するなどの、通常業務ではなかなかないようなことが発生する時には、上司や現場責任者に確認をとるようにしましょう。上司や現場責任者であれば、経費を出す権限があるはずです。

 国内で最も選ばれている経費精算システム

「楽楽精算」

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス30,800社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ53,600社のご契約を頂いております。(2018年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)