東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

出張中のレンタカー利用料は、旅費精算では、旅費でしょうか?それとも賃借料でしょうか?

2017/2/10

社員が出張中に業務に必要でレンタカーを使いました。旅費精算の際、経費の勘定項目は旅費または賃借料どちらがいいのでしょうか。

車をレンタルすることが出張では稀かどうか

社員が仕事で出張し、現地で業務上必要となったためレンタカーを借りるということが日常的かどうかをまず考えてみます。社員が出張することが多くても、レンタカーを借りることはほとんどない場合であれば、レンタカーやそのガソリン代なども含めて旅費として出張費用にまとめても問題はありません。
出張に伴う費用であり、レンタカーを利用することが稀であれば勘定項目を一緒にすることで経理の煩雑さが少なくなります。

レンタカーを利用することが日常になっているか

社員が地方出張すると、現地には電車やバスなどの公共の交通機関ではなかなか取引先をまわることが難しいこともあります。その場合、必要に応じてレンタカーを利用することになります。レンタカーを利用することが頻繁にあるようであれば、賃借料など旅費以外の勘定項目を使うこともあるようです。
出張であってもレンタカーを借りる費用を別にすることでレンタカー代がどの程度の費用になるのか分かります。

まとめ

社員が出張した時には、現地でレンタカーを利用して取引先をまわることもあります。旅費精算においてはその場合を想定し、旅費または賃借料など勘定項目を決めておくようにしましょう。社内でしっかりルールを統一して継続いくことが大切です。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)