東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

クラウド型交通費精算ソフトを導入すべき会社とは?

2017/2/7

会社に営業社員が多く、取引先などに外回りが増えてくると移動の際の交通費が増えてきます。その交通費の経費精算だけでも申請する営業担当や、最終確認し仕訳・入力する経理担当の業務はかなりのものとなるでしょう。

クラウド型交通費精算ソフトは営業や経理担当の負担を軽減

営業社員が多い会社であれば、通常の営業外回りだけでなく、出張などもあり交通費の精算だけで営業、経理担当ともにかなりの業務になります。営業社員が交通費の申請をしたあとに、経理担当はその内容を確認する作業が必要となりますが、交通費精算ソフトを導入することで営業の申請作業と経理の確認作業を軽減することが可能です。
営業の経費精算にかかる時間を削減できれば、本来の業務に力を入れることができ、売上を伸ばすことも期待出来るかもしれません。また、経理担当の確認作業を大幅に減らすことで、月末月初の残業を大幅に削減できることでしょう。

経費を減らすことで利益を増やすことができます

クラウド型交通費精算ソフトを導入することで、経費精算にかかる業務を減少させることが出来れば、わざわざ交通費精算や経費精算のために残業する必要もなくなるでしょう。過剰な残業を減らすことができれば、人件費の減少につながり、会社の利益を増加させることにつながります。クラウド型交通費精算ソフトは、営業社員も交通費申請の負担を減らし、経理では確認作業を減らし、会社全体の利益を増やすことが期待できます。

まとめ

交通費精算業務は営業、経理担当にとって大きな負担になることがあります。営業や経理が少しでも経費精算で大変な状況であれば、クラウド型交通費精算ソフトの導入を検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)