東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

交通費精算をクラウド化することのメリットを教えてください

2017/2/2

交通費精算をExcelで作成した交通費申請書で処理しています。交通費精算をクラウド化することのメリットを教えてください。

外出先から交通費申請、経理の手間も減少

Excelの交通費申請書の運用では、営業社員が外回りで利用した電車やバスなどの交通機関を記録しておき、あとから交通費申請書を作成し提出するのが一般的です。利用したルートを思い出し、申請書へ記入、上長の承認をもらって経理へ提出という流れは、単純な作業ですが時間がかかり手間に思う営業社員も多いことでしょう。
また、経理担当は、申請された交通費の料金や定期区間が控除されているかなど再確認する手間が発生しています。
交通費精算をクラウド化することで、これらの課題が解決されます。

営業社員は外出先でもすぐにクラウド交通費精算システムで交通費申請をすることができ、申請の手間が少なくなります。経理にとっても、申請内容はクラウドシステム内に搭載されている乗換案内のデータを元に作成されていますので、間違いが少なく確認の手間が減少します。定期区間も自動で控除されますので、過剰請求もなく安心です。

経費申請の手間がなくなり、本来の業務に集中できる

交通費精算をクラウド化することで、営業社員の交通費申請の手間を軽減させることが可能になれば、事務作業の時間が節約でき、その時間を営業に使えるようになります。それにより営業効率の改善や、売上増加の期待が持てます。交通費精算をクラウド化することには、このような副次的なメリットもあります。

まとめ

交通費精算をクラウド化することで、経理だけでなく営業面でもメリットがあらわれます。交通費精算の申請や承認作業が少しでも大変だと感じているようであれば、一度検討をしてみるのはいかがでしょうか。

その他、クラウドの交通費精算システムには、交通系ICカードの取込み機能や、自動仕訳、会計ソフトへの連携機能など、営業・経理どちらにもメリットのある機能が揃えられています。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)