東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

クラウド型経費精算ソフトと表計算ソフトの違いとは?

2017/2/2

クラウド型の経費精算ソフトの導入を検討していますが、会社でエクセルの表計算ソフトで経費精算を進めています。クラウド型の経費精算ソフトとの違いはどういったところにあるのでしょうか?

表計算ソフト(エクセル)は費用がかからないが、デメリットも

エクセルの表計算による会計処理は自営業者から中小企業まで幅広く利用されています。会計ソフトや経費精算ソフトとは違い、初期費用も毎月の費用もかからないためです。
ただし、表計算ソフトを利用して経費精算をする場合、簡単に計算式が修正できてしまうことや、検算の手間がかかるなどデメリットも多いとされています。また一部関数やマクロなどを使用している場合は、専門的な知識が必要となるので、編集するのに人を選ぶことになり、スムーズに運用がいかない場合もあるでしょう。

クラウド型の経費精算ソフトの導入で作業が減少

クラウド型の経費精算ソフトを導入すると、初期費用や毎月の費用などがかかります。ただ、それ以上のメリットもあります。
交通費精算では利用ルートの駅を入れれば自動で運賃が計算されますし、適切なルートが選ばれているかも、わかりやすいアイコンで表示されるため、承認者の作業時間も短縮されます。また、営業社員の経費申請の手間が減少出来れば、空いた時間にもっと営業することで売上増加の期待ができます。

まとめ

クラウド型の経費精算ソフトは費用がかかると懸念し、エクセルだけで経費精算処理をしているのであれば、まず経費精算でどの程度手間がかかっているのか考えてみるとよいでしょう。その上で、クラウド型の経費精算ソフトを導入することで得られる業務効率化の効果が、かかる費用に見合うのか、それ以上の価値があるのかを判断してみることをお勧めします。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)