東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

クラウド型の経費精算システムを利用したいのですが違いがわかりません選ぶポイントを教えてください

2017/1/30

経費精算処理の作業減少のために、クラウド型経費精算システムの導入を考えています。ただ、様々な種類があるようでどんなポイントで選べばいいのでしょうか?

会社の改善したい点を見直すことがポイントです

クラウド型経費精算システムを導入することで、経費精算処理の大幅改善が期待できます。ただ、システムは様々な種類があり、機能や月々の費用も違いがあります。そのため選ぶポイントとしては、会社の経費処理の現状を知ることから始めてください。
外回りが多く、ICカードから交通費申請をしたいのか、海外出張などが多くその経費処理が大変なのか、法人用クレジットカードを使用出来るようにしたいのか、まずは会社の改善したい点を洗い出しましょう。

費用対効果が一番のポイントになります

経費精算システムを選ぶポイントとして、一番考えていかなければならないことは費用対効果です。まだ、システムをまだ導入していないようであれば、どのクラウド型経費精算システムを導入しても経費処理の改善にはなるでしょう。
格安の経費精算ソフトであっても、少なからず会社にメリットはあるはずです。ただ、導入実績が一番多い「楽楽精算」は一番安いことで実績が一番になっているわけではなく、その機能面とサポート面で一番になっています。実際に導入する前にトライアル運用も試していただけますので、お気軽にご連絡ください。

まとめ

クラウド型経費精算システムを導入するのであれば、会社内の問題点を見直していきましょう。費用対効果も考えて、格安の経費精算システム以外にも会社に合ったものを導入することが大切です。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)