東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

社員から受けとった領収書に印鑑がありませんでした経費精算上、無効になってしまいますか?

2017/1/27

取引先などに支払いをした際には領収書に印鑑をもらうようしています。ただ、先日社員が支払いをした際に受け取った領収書に印鑑がないことに気づきましたが、印鑑がないと無効になってしまうのでしょうか?

領収書に印鑑がなくても税務上は有効

実は領収書に印鑑を押印することは商取引の慣習であって、法律で規定しているわけではありません。商法などの規定では、領収書には発行日、発行者の住所や社名、金額が記載されていれば有効とされています。手書きの領収書であっても要件が記載されていれば有効で、コンビニなどのレシートであっても領収書として認められます。
ただし、押印がない領収書が有効であっても、経費精算となると会社の規定がどうなっているのか確認する必要があります。

押印がない領収書は経費精算できないことも

印鑑がない領収書が法律では問題ないとしても、会社の規定で認めないとしている場合もあります。押印のない手書きの領収書は誰でも作成できてしまうことから、簡単に偽造などが出来てしまいます。
領収書の発行者がしっかりと押印することで、受け取った側がその領収書の信ぴょう性を認めることに繋がります。手書きで押印のない領収書であっても法的には有効ではありますが、会社の規定で押印のない領収書は認めないことになっていれば経費精算は出来ません。
その場合は、領収書に必ず押印をもらうようにしましょう。

まとめ

押印がない領収書であっても要件が記載されていれば有効とされています。ただし、会社によって押印のない領収書を認めない場合もあるので、必ず領収書に押印をもらうようにしましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)