東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

航空運賃を経費精算する際には、どのような書類を添付書類とするべきでしょうか?

2017/1/26

出張で航空券を利用することが多いのですが、これを経費精算する際には、どのような書類を一緒に添付して提出させれば良いのでしょうか。

航空運賃の精算には、領収書と半券を添付する

航空運賃を経費精算する際には、購入した際の領収書と、実際に乗車する際に渡される航空券の半券を添付して提出してもらいましょう。なお、ウェブで申し込んでいる場合、領収書についてはウェブ上から印刷することが可能です。ただ、航空券の半券については、実際に乗車していないと受取ることができないため、これによって実際に出張に行ったのかどうかを確認することができます。また、海外出張の場合、空港施設使用料の領収書が別で発行される場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

空港までの交通費も同時に精算

なお、航空運賃を精算する際には、必ず勤務先から空港までの交通費も発生しているはずです。そのため、航空運賃を精算する際には、同時に空港までの交通費精算書も提出してもらいましょう。

まとめ

航空運賃を精算する際には、領収書の他に航空券の半券や空港までの交通機関の領収書などを一緒に添付してもらうと、精算の手続きがスムーズにできます。
なお、半券については紛失してしまうことも多いので、その管理には十分注意するよう従業員に徹底させましょう。

また、これら旅費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。
「楽楽精算」を導入すれば、すべての経費精算をクラウドで一元管理することが可能です。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)