東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

交通費精算書をエクセルで作成することははできますか?

2017/1/19

私の会社では、交通費精算を専用の用紙に記入してもらって精算処理をしているのですが、その都度電卓で確認をするのがとても大変です。例えばExcelで交通費精算書を作成しても問題ないのでしょうか。

表計算ソフトで交通費精算書を作成しても問題ない

社員数の少ない会社では、交通費精算を専用の用紙に記入したり、場合によっては出金伝票でその都度処理をしているようなケースもあるようです。件数が少ないうちは良いのですが、事業が拡大して件数が増えてきた場合は、表計算ソフトなどで交通費を自動計算するシステムに移行することをお勧めします。

クラウド型交通費精算システムを使えばさらに簡単に処理できる

表計算ソフトを使用すれば、手書きよりも交通費精算がはかどりますが、表計算ソフトを利用してその会社専用の交通費精算書を作成すること自体に多少の手間がかかります。
それであれば、クラウド型交通費精算システムを導入することをお勧めします。クラウド型交通費精算システム「楽楽精算」では、交通系ICカードの履歴を専用のカードリーダーに取込み使用履歴を使用して簡単に交通費精算をすることができます。

まとめ

交通費精算は、たとえ件数が少なかったとしても、データで管理した方が大幅に経理の手間を削減することができます。

クラウド型の経費精算システムでは、申請内容のチェックを簡単にする機能や、会計ソフトへのデータ連携など、経理担当者の負担を軽減する機能が豊富にそろえられています。交通費精算業務の効率化の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)