東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

交通費精算は毎日その都度精算することが理想なのでしょうか?

2017/1/17

私が以前いた会社ではその日の交通費をその日のうちに精算していました。ところが、転職先の会社では毎月月末にまとめて精算をしています。経理上はどちらの精算方法がより理想的なのでしょうか。

交通費をどの程度の頻度で支出するかがポイント

交通費に限らず、社員が実費で支出した後の経費精算は支出後できる限り早めに精算するのが理想です。特に中小企業の場合は、経費精算を溜め込むと、キャシュフロー予測に狂いが生じるケースが出てきます。
中でも交通費精算については、領収書がないため、いつどの程度の精算があるのかを事前に予測することが難しくなります。そのため、交通費が日常的に発生することが稀な場合は、交通費が発生したその日のうちに出金伝票で交通費精算するのが良いでしょう。

経理の業務効率を上げるためには、まとめて締める必要もあり

交通費が日々発生するような業種については、毎日交通費精算していると非常に非効率です。そのため、そのような場合は週末や月末などで一旦締めて、まとめて精算することをお勧めします。これにより、経理担当が小口の現金を日々扱う手間が省けます。

まとめ

交通費精算をどのような周期で行なうのかは、企業それぞれの社内規定や運用規定によって決まってきます。大切なことは、現在の規定が社内の現状に適合しているかどうかです。もしも交通費精算の件数が多いのにも関わらず、日々精算をしているようであれば、一度仕組みを見直しすることをお勧めします。

また、これら交通費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの交通費精算システムを導入するとより効率的です。
「楽楽精算」を導入すれば、すべての経費精算をクラウドで一元管理することが可能です。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)