東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

商品の代金回収が難しい場合の、費用の経費精算方法を教えてください

2017/1/11

営業活動をしていく上で、商品の購入代金などが度々未回収の状態となってしまうのですが、このような場合経理としてはどのように処理をすれば良いのでしょうか?

まずは売掛金にて処理をする

商品やサービスの購入代金など、通常の営業活動によって生じた未払金については、経費精算上「売掛金」として処理をします。例えば、分割払いにした場合の残高分などがこれに該当します。売掛金が増えるとキャッシュフローが予測しにくくなるため、できる限り売掛金は早期に回収することをお勧めします。
なお、似たような項目に「未収金」という項目がありますが、これは営業活動外の収入がこれに該当するため、明確に区別しましょう。

回収が難しい場合の経理処理

売掛金の回収が、取引先の倒産などで現実的に難しい場合は、経理上の処理としては「貸倒れ」となります。予定していた金額が入金にならないわけですから、会社としては「損失」となります。これを貸倒損失といい、一定の基準を満たすことで「経費」とすることができます。
一定の基準とは、取引先が倒産した場合や、1年以上取引がない場合、全額の回収が不能である見込みの場合などがこれに該当します。

まとめ

未回収の金額は、そのまま放置するとキャッシュフローを悪化させてしまうので、約定日までには必ず回収して売り上げることが重要です。また、どうしても回収ができない場合は、貸倒損失として経費計上して処理するようにしましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、クラウドサービス20,000社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ42,800社のご契約を頂いております。(2017年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(06)