東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

取引先との二次会の費用まで経費精算しても良いのでしょうか?

2016/8/16

取引先との食事会で二次会まで行なった場合、これも経費精算できるのでしょうか。また、経費精算上、会議費として認められるための一人当たり5,000円以下の基準は、どのように計算されて適用されるのでしょうか。

二次会の費用も経費精算が可能

まず取引先との二次会費用についても、会社が認めていることであれば経費精算して問題ありません。ここでのポイントは、二次会の費用が会議費となるのか、それとも交際費となるのかという点です。

これについては、「一人当たり5,000円以下」のルールが適用されるのですが、この際の考え方としては、一次会と二次会は個別に分けてカウントされます。

すなわち、一次会で一人当たり5,000円以下に抑えて、さらに二次会でも一人当たり5,000円以下に抑えていれば、一次会も二次会も会議費として計上することが可能です。

ただし、二次会が独立していることが条件

上記のような処理が認められるためには、一次会と二次会がそれぞれ独立した会である必要があります。

そのため、仮に一次会のお店で一人当たり5,000円を超えそうになったため、お店の人に頼んでいったん会計をしてもらい、さらにそのままそのお店で引き続き飲み食いしたような場合は、二次会として認められないため注意しましょう。

まとめ

このように、会計上は二次会かどうかを厳密に判定するため、同じ店で会計を2つに分けても意味はありません。二次会として処理をするのであれば、必ず店を変えて精算するよう心がけましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)