東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

社員がプライベートな買い物と一緒に会計してしまったため、領収書の一部のみ経費精算したいのですが可能でしょうか?

2016/8/9

社員が経費精算で領収書を提出してきたのですが、よく見るとプライベートな買い物と領収書を分けておらず、混じってしまっている状態です。この場合、領収書の一部のみ経費精算しても問題ないのでしょうか。

正しい金額が記載されていれば、経費精算しても良い

もしも領収書やレシートにプライベートな買い物の品目が記載されてしまっていたような場合でも、実際に購入している物品と金額が照合できれば、経費精算上はとくに問題ありません。

ただ、通常このような場合は、プライベートな買い物と会社の経費は領収書を分けるのが原則です。お店の人に言えば分けてもらえますので、その社員には今後領収書を分けるよう指導するようにしましょう。

飲食代の一部を経費精算したい場合

社内会議やミーティングとしてファミレスなどを使用することがあるかと思いますが、そのような場合に万が一社内規定で決められている予算をオーバーして食事をしてしまった場合、経費精算はどうなるのでしょうか。

このような場合は、店側に社内規定の範囲内の額で領収書を発行してもらうと良いでしょう。実際の領収額よりも少ない金額であれば発行してくれる場合もありますし、法的にも問題はありません。

まとめ

領収書をもらう際にうっかりしていると上記のようなミスが発生することがあります。ただ、店側からきちんと領収書の発行を受けていればどうにかなります。くれぐれも焦って領収書を改ざんしないようにしましょう。

また、これら領収書やレシートを伴う経費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。
是非検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)