東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

朝から現場に直行する場合、その際の交通費精算できる金額は自宅から現場まで、それとも勤務先から現場まで、どっちでしょうか?

2016/8/8

社員が朝から現場に行く際に、会社に一度出社してから向かうと経路的にとても遠回りという場合がときどきあります。このようなケースで社員に直行現場までの交通費を支給する場合、どのような金額で精算すれば良いのでしょうか。

自宅から現場までの実費を支給して問題ない

このように社員が自宅から現場に直行する場合については、自宅から現場までの合理的なルートでの交通費精算をすれば問題ありません。
ここでのポイントは、どう処理をするのかという点です。
直行現場が一時的なものであれば、通常の交通費精算として処理をして問題ありませんが、今後しばらくその現場に直行する可能性が高い場合については、個別の交通費精算ではなく、別の方法をとる必要性が出てきます。

勤務先自体を直行現場として通勤手当扱い

直行現場が一時的なものであれば問題ありませんが、そうではない場合については、その社員の勤務先を会社所在地からその直行現場に変更して、その現場までの通勤手当として扱います。
よって、直行現場までの通勤定期券代を支給する形をとりましょう。

まとめ

現場への直行直帰は、会社の業務内容によっては比較的頻繁に発生するのではないでしょうか。
そのような場合は、短期的な場合は通常の交通費精算で処理をすることとし、長期的な場合は勤務先自体を直行現場に変更して、そこまでの定期代で支給するようにしましょう。

また、これら交通費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)