東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

空港までの移動に対する交通費精算は、特急なども精算可能なのでしょうか?それとも指定席のない一般の電車のみ精算可能なのでしょうか?

2016/8/5

出張に飛行機を利用することが多いのですが、空港までの移動に対する交通費は、特急券や指定席券なども支給してしまって良いのでしょうか。

新幹線などは自由席が一般的ですが…

例えば新幹線を利用する場合については、交通費精算において自由席で精算するケースが多いと思います。または、役職に応じて指定席でも可能となるケースもあります。
基本的に空港までの移動においても、これと同じ考え方で問題ないでしょう。

ただし、例えば成田空港に行く場合、日暮里や上野からスカイライナーを利用すると思いますが、この際は全席指定で自由席がありませんので、このような場合は一律でスカイライナー料金を全額支給しても問題ないでしょう。

どの交通機関を利用するかは、合理的な理由があれば良い

仮に成田空港だとした場合でも、利用できる交通機関はスカイライナーだけではなく、通常料金で乗れる特急電車などもあります。

そのため一般社員についてはそういった電車を利用させるという手もありますが、現実的に考えて空港へ行くような場合は荷物も多いわけですし、何よりかかる時間が違い過ぎます。

社員の勤務時間を有効に活用するためにも、ここはできる限り早く到着するものを利用させても問題はないでしょう。

まとめ

交通費精算は経費の中でもかなりの金額を占めるため、その精算には慎重になる必要があります。ただ、空港を利用するような場合については通常の交通費精算とは少し違った見方も必要となりますので覚えておきましょう。

また、これら交通費精算をスムーズに行なうためには、クラウドの経費精算システムを導入するとより効率的です。是非検討してみましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)