東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

電話料金やインターネット料金は、いつの日付で経費精算すればいいのでしょうか?

2016/6/7

会社で契約している電話やインターネットの料金については、「請求書の日付」と「銀行振替日」、どちらで経費処理すればよいのでしょうか。

原則はどちらで計上しても問題はない

電話料金やインターネット料金などの「通信費」については、経費精算の時期をどちらか一方に統一さえすれば、基本的には請求書の日付でも、銀行振替日でも、どちらで経費計上したとしても問題はありません。重要なことは、一度決めた社内ルールは統一して運用していくということです。

請求書の日付にあわせて経費計上する際の注意点

原則は請求書の日付でも銀行振替日でも、どちらで計上しても大丈夫ですが、請求書の日付に合わせる場合は多少注意が必要です。この場合は、まずいったん「未払金」として計上することとなり、その後、実際に銀行振替が確認できてから通信費として計上するという流れになります。この点については十分注意しましょう。

まとめ

このように請求書が発行されて銀行振替によって支払うことになる経費については、どのタイミングで経費計上するのかがポイントとなります。また、一度決めた社内ルールについては、その後もそのルールに沿って処理をしませんと、税務調査の際等に指摘を受ける可能性がありますので十分注意しましょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)