東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

切手やハガキの経費精算は、購入時?それとも使用時?どちらでしょうか?

2016/6/6

業務上、切手やハガキを多く使用するのですが、これらの経費精算は購入時、それとも使用時のどちらで処理するのが正しいのでしょうか?

切手やハガキは原則的には使用時に計上

切手やハガキについては、買ったその場で使用する場合についてはその時点での経費精算、経費計上で問題ありません。

けれども、実務上は、社内に一定量の切手やハガキをストックしておくケースが多いかと思います。この場合は、買った時点で経費計上してしまうと、実際に消費する前に経費扱いになってしまうため経費処理としては好ましくありません。

そこで、実務上では管理簿を使って切手の残高を明確に管理していくことになります。

切手やハガキの処理は期末にまとめて行なう

切手やハガキはその都度消費と購入を繰り返し、社内には常に一定量のストックがある状態になります。

この状態を期末に一度整理する必要があります。期末の段階で会社に残っている切手等については、棚卸しをして「貯蔵品」として計上することになりますので注意しましょう。

まとめ

切手やハガキは日々社内で消費されるため、その在庫管理については、管理簿を設置して適正に管理するよう徹底しましょう。また、管理簿については、一日の最後に在庫との整合性を確認してズレがないかチェックすると良いでしょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)