東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

交通費精算をする際に電車賃やバス料金などはどうやって確認するのですか?

2016/4/27

社員から提出された交通費精算書に記載されている、電車やバスなど公共交通機関の運賃の正誤は、どのようにして確認をすれば良いのでしょうか。

交通費精算書は鵜呑みにしてはダメ!間違っていると思ってチェックするシステムが重要

月末になると営業部などから、溜まりに溜まった交通費精算書が一気に提出されることがあるかと思います。思わずため息をつきたくもなりますが、そんな時こそミスが出ないよう、しっかりと交通費精算書をチェックしなければなりません。

社員が記入してきた運賃と実際の金額とのズレは、注意して見ていないと見落とすことが多いため要注意です。
こうしたミスを見逃さないためには、交通費精算書が「正しい」ことを前提とした認識でチェックをするのではなく、「どこかが間違っている」という認識のもと、丁寧にチェックしていくことが大切です。

路線検索を参考に、自分なりのシステムを構築する

電車賃やバス料金については、yahooやgoogleなどの路線検索を利用すれば比較的簡単に確認ができます。けれども、月末で処理件数が多い場合などは、それでも作業が間に合わないことがあります。

そのため、経理担当としては、そんな時のために予め社内でよく利用することが多い路線やルートの運賃について、一覧表にまとめたデータを作成しておくととてもスムーズになるでしょう。

まとめ

交通費精算書のチェックは非常に時間がかかるため、ついチェックがおろそかになりがちです。そんな場合は上記について注意するとともに、クラウドの経費精算システムの導入も検討してみると良いでしょう。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)