東京
03-6675-3623
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085
  • 東京

    03-6675-3623
  • 大阪

    06-6346-3643
  • 名古屋

    052-589-0330
  • 福岡

    092-739-8085

自家用車で通勤している社員がいますが、交通費精算のとしてガソリン代を支給することはできますか?

2016/4/21

社員が自家用車で通勤している場合、それに要したガソリン代は会社から支給すべきでしょうか。また支給するとした場合、どのような方法で交通費精算すれば良いのでしょうか。

ガソリン代についても支給することが可能

ガソリン代についても通勤のために使用したものであれば、会社が交通費として支出することが可能です。ただ、これはあくまで可能というだけであって、支給するかどうかは会社の交通費規定に準ずることとなります。

例えば通勤定期券などであれば、定期代の実費を支払うのが一般的ですが、ガソリン代の場合は自家用車を利用するため、プライベートで使用したガソリン代と、通勤時に使用したガソリン代の区分を明確に分ける必要があります。

ただ、これをするとなると非常に面倒なため、もしも交通費規定でガソリン代の精算を可能とする規定を設けるのであれば、次のような方法がお勧めです。

実費精算ではなく、一律の基準を設ける

例えば、「車通勤の場合は、通勤手当として月5,000円を支給する」とすれば、面倒な計算は抜きにして交通費精算が可能となります。
この他にも、自宅から会社までの直線距離をベースにして、距離に応じた通勤手当を設定するという方法もあります。

まとめ

このように自家用車での通勤の場合は、自家用車の燃費まで考慮されないケースが多いため、できれば低燃費の車で通勤する方が良いと言えるでしょう。

また、クラウドシステムは、交通費精算を便利にするだけではなく、業務全体の時間短縮、そして効率化へと繋がります。まだ導入をしていない場合は、これを機会に是非検討してみることをおすすめします。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)